2022年仮想通貨の現状報告!現物買うタイミングを間違えた結果

2022年の仮想通貨(暗号資産)取引状況として、今現在はどんなアルトコインを購入しているのか、収支損益がどうなっているのか報告してみたいと思います。

2021年から仮想通貨をはじめる!

仮想通貨を購入した損益を公開!損しまくった結果から分かった事
2021年1月からはじめた仮想通貨投機をして7ヶ月がたった所で、現在どういう取引をしていてどれだけの損益を出したのか、やってみて分かった事を紹介してみた...

2021年1月から初めた仮想通貨投機(オレ的に投資ではない体感)は、4月の高値更新をしてから7月後半まで下がり続けた事から、一番底値のラインでほぼ完全撤退!その結果はレバレッジFX・現物取引どちらもかなりの損をしてしまいました。

しかしもう上がることはないと思って撤退したその週から下げトレンドから上げトレンドにトレンドチェンジ(オレが売ると上がる説、買うと下がる説)していて、実際現物コインに関しては持ち続けて入れば購入価格よりも上がるという判断ミスを経験。その損切を完全に間違えたオレ的には、まだまだ未知なる部分を秘めているように感じた仮想通貨投機を同年10月から再び目標をもって開始してみました。

仮想通貨投機の目的

仮想通貨をはじめたきっかけは上げ上げトレンドというニュース記事を見た事からで、この流れにのって儲けを出してNEW釣り道具を買うのが当初本来の目的。でも資金をかなり減らした現在は目標が完全に変わってしまいました。

その新たな目標がPS5代金を回収!2021年に購入する予定だったPS5は、品切れ状態が続き数々の抽選に応募しても購入することができなかったので、その資金を仮想通貨に投入していて、儲けて購入しようとしたらこのありさま。

2022年はPS5代の5万を取り返すのが目標!

もしかすると普通に購入したほうが損もせずに済むと思うかもしれませんが、これだけはどうしても取り返したいと思っていて、1年やって色々と分かってきた部分もあるので、これから参入する人は反面教師の例としてみると参考になるかもしれません。

本題の2021年10月から再び参入した仮想通貨投機、2022年2月現在どうなっているのか報告発表!

スポンサーリンク

バイナンス現物取引

バイナンス現物の画像は、何故かスマホだけログイン(PCだけ)できなくなってしまったので、少し前の現物アルトコインの状況。

去年の10月から再び参入してからは、資金を各取引所に分散させていて、有名な海外取引所の1つバイナンスに約5万ほどを現物アルトコイン専用として投入しています。その時は上げトレンドだったのもあり、すぐに色々なアルトコインを購入していて、その結果11月にビットコインが約770万の最高値更新、現物は少し売るタイミングは間違えたものの全部で約1万ほどの利益を確定しました。

しかしそんな甘い世界ではなかった!高値更新をすると怖いのが超下落で、11月から下げトレンドに再びチェンジしたことから2022年2月現在は、LINKをメインに現物は総額3万を切っている状態。敗因は売ってから少しの下落(BTC680万付近)でまたアルトコインを徐々に購入したからで、LINKに関してはビットフライヤーで12月に上場するという情報を見て選んでみましたが、購入価格よりも半分くらいに落ちています。下落率が高いコインは3分の1あたりまえの状態!もう売るに売れなくなってしまい、また上がることを信じて今現在のアルトコインはこんな感じでひたすら持ち続けています。

年末1000万と期待されていたビットコイン、オレ的には12月も下落が続いたことにより、もうログインするのをやめて完全に放置している取引所です。

クーコイン現物取引

常にチャート確認などしているクーコイン取引所では、アルトコイン現物とレバレッジUSDT先物を売買していて、資金は現物に約5万とレバレッジ先物に1万ちょっと投入しています。ここでもビットコイン最高値更新して少し下落したところで購入しているアルトコインが多く、現物の下落が特にひどく3分の1は当たり前の状況。TELに関しては、クーコイン取引所でしか扱っていない銘柄だったのに急に各取引所で扱いだしたことにより価格が上昇、下落もとてつもないのが特徴的。

クーコイン現物は他にも今話題のメタバース銘柄を少しずつ購入していて、HEROは購入価格の4分の1と公式を見るとかなり有能に見えましたが、残念な下がり具合。またELONという犬系銘柄も期待していたものの、流行で変動するように見えるので、今後SHIBのような犬系ブームの上がることを期待します。こんな感じで、現物の購入時期を間違えたために壊滅的と言っても過言ではなく、去年の7月下旬のように上げトレンドチェンジになる事を信じて損切りすることなく持ち続けています。

そしてレバレッジUSDT先物取引のほうは、11月高値更新からの下落を利用した損切をほぼ絶対にしない取引方法を試しているテスト段階で、利益率は低いものの8~9割勝てる体感。下落が続いてからは、10銘柄くらいロングポジションを持っていましたが、スイング方式で少しずつ利確していき、2月の記事作成時はLINKだけポジション(画像のETCはマイナスでしたが無事に利益を確定)を持っています。

バイビットでやっていたようなハイレバをしなくなってから好調!

オレ的ポジションの持ち方としては、チャートを見ながら下落の階段を予想してポジションを持つ、ナンピン方法!ポジション指値をいくつも用意することによりロスカットを防ぐだけでなく入り値も下げるのが特徴で、長期間持てば資金調達率で増やすことも可能です。

この方法は損切の機会損失という理念を捨てたのがはじまり!今現在はテスト段階なので1つの指値ポジションは100円くらいで試していますが、これを倍にすればオレ的理論が正しければ小銭がチャリンチャリン入る仕組み。今年一年様子を見てロングショートそれぞれ上げ下げトレンドで試して、結果が出た時また伝えてみたいと思っています。

メタマスク現物ウォレット

Defiなどで使うことになるウォレットはメタマスクを開設していて、手数料の事を考えてBSCネットワークがメイン!普通ならDefiプロジェクトなどに流動性ファーム(2つの通貨を合体)やプールして利益をだしていきますが、よほど爆上げしない銘柄を選べない限りコインの価格変動や変換手数料などで損することを経験したことから、資金は1万ちょっと投入してパンケーキスワップで現物を購入寝かせています。ただ購入時期を間違えたせいで今現在は半分またはひどいものだと4分の1の状態。

選んでいる銘柄はワンチャン狙いの「0.0000」小数点が多い完全に草コインを選択、画像のコイン以外にもコインゲッキョのサイトで時価総額順を見ながらDogedash、WEB3、FEGなど500円ずつ数点購入しています。

そんなメタマスクを現物専用ウォレットにした要因はこんな事から!

当初は完全ワンチャン狙いの良く分からないDefi新規プロジェクトに利率がありえないファームに資金数千円投入、新規の始まり直後は出来高も出ていてコインの価格も千円以上と好調に見えたものの、1週間後には数円、その次の週には1円以下という最悪な値下がりを経験。しかもそれだけでなく、なんとサイトやツイッターなどがいつの間にか消去されていて、スキャム詐欺的コインというのを身に持って体感することになりました。

1つだけではなく2つも詐欺的新規プロジェクトにひっかったオレ!この画像のクマをモチーフにしたサイトもいつの間にか消去されていて、こちらも被害額は数千円でしたが、この経験から新規Defiプロジェクトに疑問を感じ参加することをやめました。

Defiに関しては他にも有名なDefiプロジェクトにファームやプールで参加してみたものの、流動性変換手数料やコインの価格変動などを考えるとメリットがあまりないように感じ、メタマスクは現物専用に!

自分と同じようにこういう詐欺的コインに引っかかった人がいるのかわかりませんが、とにかくDefiはワンチャンある分、注意が必要に感じました。

2月現在の仮想通貨資金

2021年10月から再び参入した仮想通貨投機の総額資金は、おそらく約12万ほどで、2022年の2月現在はそれが半分以下の5万くらい!オレ的体感では現物アルトコインを中途半端な下落時に購入したのが一番の敗因に感じていて、すでに売るにしても売れない状況につき現物を握り続けている現状。今年はこれ以上は資金追加を考えていなく、撤退は損切なしの購入価格を上回ってからと今度こそは決めています。

そして色々な経験をして最近のビットコインチャートを見て思った事は、ビットコインの出来高の減りや最高値を更新してからの下落が止まらないことで、去年の1月~4月までは100万の下落があってもすぐに次の月にはまた高値更新と順調なチャートを作っていましたが、4月11月の高値更新からは下落が長い間続いていて、今現在のビットコインやアルトコインの価格を見ても1年前とほぼ変わらない事から、タイミングを見計らって少しでも利確しないと現物でも握りつづけると損をするように見えます。その点から金融緩和の縮小や悪いニュースが出る前に2022年にもう一度ビットコインが700万以上行った時には資金を回収して、仮想空間のメタバース銘柄に変換する計画です。

いかがでしたか?今回のオレ的仮想通貨投機の現状報告。現物のコインを購入するタイミングは非常に大切だと伝わったのではないでしょうか。果たしてPS5代金を無事に回収して釣り道具も買う事ができるのか?今後も何かあったら報告していくので、反面教師として参考になればと思っています。

kucoin取引所について

今現在、オレ的にメインとして使っている仮想通貨取引所「kucoin」の特徴は、ELON・VRなどの多数ある草コインを売買できるだけでなく、今話題のメタバース銘柄やゲーム銘柄のコインがひと目でわかる仕様になっていて、新規上場した際は日にちで表示されるので直感的に見やすい海外取引所。現物取引、レバレッジ先物取引もスマホ操作で簡単!色々なボーナスも用意されている為、海外取引所の1つとして選ぶのは有りです。

Kucoin取引所を登録

クーコイン取引所の新規登録は、スマホからメールアドレスだけで開設OK!登録というと時間がかかる印象がありますが、数分で開設できるのも良さの1つ、自分がメインのバイナンスからクーコインに移ったのもアルトコインが豊富な点からです。

コメント