ダイワ・レグザLEXA5000D-CXHリールのレビュー解説!LTモデルをルアージギング用に購入

2019年モデルとして登場したダイワのLEXAレグザLT5000D-CXHをジギング用のリールとして購入したのでレビューをかねて解説したいと思います。

去年から気になっていたスピニングリールのレグザ!年末にダイワのHPを見ていて新年一発目として新しく出ることがわかってからは、ずっと気になっていたリールの1つ。いつもなら購入する前に実物のリールを見てから決めるものの今回は公式HPのスペック情報だけを頼りに決断してLEXAレグザを選んでみました。

「LIGHT TOUGH=LTモデル」

最近のダイワはライト&タフ「LIGHT TOUGH=LT」というコンセプトのリールを発売していて、「軽量化しているのにタフ」という特徴のLTモデルはどんな物なのかすごく興味があり、進化したリールを使ってみたかったのも購入の動機。今までエサ釣りをしている時はそんなに気にならなかったリールの重さなどのスペックもルアーをやり始めてから気になりだし、ジギングする際に少しでも軽いリールでやりたかった事もかなり大きいです。

でも実際購入する際は自分的に結構な値段(リール初の1万越え)のリールだったので、少し迷いました!

購入する際に迷ったリール

いつもならシマノと比較して選ぶものの、今回はダイワのLTモデルと決めていたので3種類で迷いました。3種類ともLTモデルを代表するスピニングリールで、値段的にはカルディアが一番高く、その下にレグザ、フリームスという順番。フリームスLT5000D-CXHに関しては実物を数回触っていて、かなりいいなと実感していたリールで最終的にレグザとどっちにしようか迷ったリール(値段も性能もあまり変わらないように見えた)でもあります。しかし決め手となったのは、黒とシルバーのあきがこないデザインとリールのハンドルについているノブ!リールのデザインは人それぞれだと思いますが、レグザの5000と6000には標準でEVAラージ型ノブ(あの良く見る丸いヤツ)が付いていた事が決め手となりました。

そしてリールのサイズ!

LTモデルはリールの品番の記号でサイズ感が違っていてLT5000とLT6000では当たり前ですが、ボディの大きさなどが違っています。サイズを選ぶ際に見たのが、ダイワ公式HPの「LTシリーズサイズ別対象魚・目安表」で、LT5000-Cのサイズは従来のリール目安だと3000~4000となっていて、対象はライト系のジギングになるもののシーバスも狙える優れもの!自分的にはこのサイズ感が良く、色々と使えると思った事からLT5000D-CXHにしました。とにかくLTシリーズのリールは品番の記号でボディの大きさなどが違っているので、目安表は選択する際にとても参考になります。

それではいよいよスペック情報と開封の様子!もしリール購入の際にレグザを考えている人の為にも詳しく感じた事をありのままに伝えてみるので参考になればと思います。

いつもなら通販サイトのアマゾンで購入した人の感想でもあるカスタマーレビューを見るものの、レグザはまだ2019年1月に発売されたリールなので誰も書き込んでいなかった事から、今回はダイワのHPをこれでもかというくらい見ました。

レグザLT5000D-CXHのスペック情報

レグザLEXA LT5000D-CXHのスペック

巻き取り長さ(cm) ハンドル一回転

105cm

ギア比 6.2
重さ(g) 290g
標準糸巻量 ナイロン

  • 14-260
  • 20-170
  • 25-150

PEライン

  • 2.0-350
  • 2.5ー300
  • 3.0-210
ベアリング/ローラー 5/1

自分が重要に感じたスペックが以上で、レグザLT5000D-CXHはギア比も高くハンドル一回転の巻き取り糸もかなりのもので、スプールに巻けるラインも十分な量!重さも290gと軽く、ハンドルを回した感触が変わって来るベアリングのボールの数は5個の仕様。リールのスペック情報を見るとわかりますが、ベアリングのボールの数は値段が高くなる(ダイワの高級リールのイグジストは12個)につれて増えていて、ハンドルを回した感触に直結する部分でもあり自分的にはかなり重要にも思います。

LTモデルの品番について

「LT5000D-CXH」の数字やアルファベットにはそれぞれ意味があり、LT5000Dはスプールを示していてスプールの径と「D」は糸巻量の深溝タイプという意味。CXHはボディを示していて「C」はコンパクト、XHはギア比という意味なので、ただの品番ではなくそれぞれ意味があることから購入する際は結構重要にも思いました。

レグザLEXAの機能

  • マグシールド
  • エアローター
  • ATD(オートマチックドラグシステム)
  • ロングキャストABS

自分的に気になっていた機能がマグシールドで、これは磁性をもつ液体の壁を作ることにより水や異物の浸入を抑えることができ、滑らかな回転を持続できる機能。説明書をみると完全防水ではないということなので、回転持続がどれだけ保てるのかこれから使って試したいと思っています。

説明書にはボディ部、マグシールド周りの注油は絶対にダメという内容のことが書いてあるので、以前のように分解してメンテナンスする時のメンテナンススプレーは限られた部分にしか使えなくなりました。

レグザLT5000D-CXHレビュー

ここからが本題のレビュー!レグザLT5000D-CXHは今回も通販サイトのアマゾンで購入して届いたのでさっそく開封をして感想をかねて伝えたいと思います。

【レグザLT5000D-CXHの箱を開けた中身】

  • リール本体
  • 取扱説明書
  • ワッシャー3つ
  • ハンドル
一般的なリールと同じようにそれほど変わった感じはないものの、レブロスには付いていた袋がない!まあ一度も袋は使った事がないので、全く重要ではないものの1万以上のリールという事で何か変わった内容物が入っているのか少し期待しました。
レグザLEXAは5000と6000にEVAノブが標準!ジギングをする人なら知っているかと思いますが、EVAの丸型ノブはすごく握りやすく投げてすぐにリールを巻けるのも特徴的。ノブにカスタムパーツを取り付けたりする人もいて、標準で付いているノブ部分はスポンジになっています。

今までは安い部類のリールを使っていたので、取扱説明書にはあまり目を通さなく使っていましたが、今回のレグザに関してはリールを触る前に隅から隅まで目を通して注意事項などやってはいけない事をチェックしました。いつもならドラグを取ったりして少し分解してリールをチェックしますが、今回はやめました。

展開図は説明書に記載されてなく、ダイワHPで展開図PDFファイルで見る仕組み!

ハンドルの取り付け

ハンドルの取り付けはネジで止めるリール(今まで使ってきたリールとは違う)とは違い、片方だけで止めるスクリュー式。左回し仕様になっているので、右回しに変更しました!だいたいリールを購入すると必ず最初にすることで、なんで左回し仕様になっているのか疑問に思うものの、それだけ釣りをする人の多くは左手で回しているのかもしれません。

片方だけで取り付けるスクリュー式は防水パッキンがついていて、説明書をよく読み作業することに!

裏側に取り付けるキャップにもOリングのパッキングがついていて、今までのリールとは違いを感じました。

ハンドル取り付け部分にゴムパッキンをつけ、後はネジ山に合わせて回し取り付け完了!あまり強く締め過ぎても回転性能に影響するらしく、緩すぎても使用中に取れることから程よい感じで締めましたが、説明書には目安となる締め付けkgが書いてあります。

ここで初めてレグザLT5000D-CXHを持って感じたことは、とにかく軽い!以前はダイワのクレスト3500番をジギングに使っていて、リールの重量は385g→290gと約90gでこれだけ違うものかと体感しました。

スプール部分

LT5000のスプール径は54mmで、糸ラインは深溝タイプの為かなり巻けるようになっています。糸を巻く際に目安となるのが下の3つのラインで、自分的にはPE1.5号を200m巻くので下巻きにナイロンは必要!スプール部分はアルミ製でシルバー一色なことから、高級感をかもしだしていてかっこいい!今まではゴールド色がリールのどこかに入っているとかっこよく感じていましたが、最近ではシルバー基調と黒がシックなデザインでオシャンティに見えます。

ベールをおこして戻す感触は、個人的な感じなので参考になるかわかりませんが、おこした時はかなりしなやかで戻す時はダイワ特有のガチャという音とともに戻ります。

ドラグ部分

ドラグ調整する際の回す部分は、スプールとほぼ同じ大きさなのでとても回しやすく調整が簡単に出来ます。自分が持っているダイワのリールの中(レブロス、クレスト、ジョイナス)で一番回しやすく調整しやすい!

リールの大きさ比較

【上の画像は左からレブロス3012H、レグザLT5000D-CXH、クレスト3500】

おそらくスペックなど詳細を見ないと5000という表記なので、大きなリールかと思うかもしれませんが、LTモデルでもC表記してあるリールはボディがコンパクト!リールボディはレブロス3000番とほぼ同じくらいの大きさで、クレスト3500番よりも小さく見えます。この点からもジギングロッドだけでなくシーバスロッドにも合うように感じたので、汎用性はあるように思います。

レグザLT5000D-CXHはレブロス3000番とほぼ同じ大きさ!重さも5g(レブロスのほうが少し重い)しか変わらなく、マグシールドなどの機能もついているのに軽さを実現しているのに驚きます。

これぞライト&タフモデル!

マグシールドは自分の中で気になっていた機能の一つ!リールの回転率がどれだけ維持できるのか試していくとともに、サーフの砂浜などで置いて砂がかんでしまわないように細心の注意をして使っていきたいです。

後、画像では撮りわすれましたが、釣り初心者の人がリールを使う際にあると便利な機能の一つ、リバースモード切替スイッチ(正式名称が分からない)付き!持ったときに真ん中にスイッチが来るようになっているので、操作しやすいのも特徴。この機能が付いているリールと付いていないリールでは扱いやすさが確実に違ってくると思うので、初心者の人はスイッチが付いている物を選んでみるのをおすすめします。

ハンドルを回した感触

最後におそらく一番リールで気になるのがハンドルを回した感触!1万以上のリールの周り具合はどんなものか、ベアリングのボールが5個あるとどんな感触なのか試した所、レブロスだとグルングルン回る感触だったのに対して、レグザはしなやかにしっくりと回る感じでした。ジョイナスからレブロスを購入した時も回り具合にかなり変化を感じ驚いたものの、レグザはハンドル軸のブレも感じることなくスムーズに回る!これは実際にハンドルを回さないと伝わらないと思いますが、やはりベアリングのボールの数は多いほどしなやかに回ると感じたので、もし釣り具屋に置いてあったら試してみると言っている意味がわかると思います。

ちなみに目をつむってリールを回した感触だけでどのリールか当てることもできる事から、それだけハンドルを回した感触というのはリールの特徴をあらわしていて、一度その感触を知ってしまうともう下のグレードのリールを使うと扱いにくいと感じしてしまうかもしれません。自分と同じように下のグレードのリールから始めた人だとその事がよくわかると思いますが、超性能の良いリール(イグジスト、セルテートなど)を買う人の気持ちが段々と分かってきたようにも感じます。

エサ釣りだけをしていた時は、高いリールを買う意味がわからなかった自分が、ルアーをはじめてからは気持ちが変化してきた!

購入した感想

今回のレグザLT5000D-CXHはルアーで使う予定でジギング用に選んでみましたが、値段相当なことだけあり機能も豊富で十分な性能のあるリールに感じました。ダイワのLTモデルはとにかく進化したリール!2019年モデルであるレグザLEXAはライト&タフのコンセプトにふさわしい軽量化されたリールで、LT5000D-CXHは汎用性もあるように感じたので、レグザの型番で迷った際は参考にしてみてください。

ダイワ(DAIWA) リール レグザ(2019) LT5000D-CXH

実際今回も結構勢いだけでリールを購入!自分のレグザLEXAの用途は主にショアジギングロッドとシーバスロッドに取り付けたいと思っていて、普段使うのではなくここぞという時(本気を出す時)に大切に使っていきたいと思います。

2019年オレのロマンはLTモデルからスタート!

以上がルアー初心者のレグザLT5000D-CXHのレビューでしたが、だいたいどんなリールなのか伝わったでしょうか?またリールを使って見た様子などは動画のほうで臨場感ある様子を文字では伝わらない部分を補えるように撮ってみます。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク