ルアーマチック86ML購入レビュー!ルアー入門用としておすすめ!

シマノのロッド「ルアーマチックS86ML」を購入したので紹介!

初めて購入したシーバスロッドは一度修理して使っていたものの、今年の夏に縦割れしてしまい簡単にテープで巻いて補修しましたが、対応している重さのルアーを投げることができなくなってしまいました。そこで2代目となるシーバスロッドを選んだわけですが、今度はメーカー品を使いたいと思い、条件に合ったロッドが以下の物でした。

選考したメーカーロッド

条件となったのは、メーカー品ということと値段が手頃な物ということでこの3本のロッドが選ばれました。3本とも値段もそれほど開きはなく、本当に最後までどれにしようか迷いましたが、最終的に決め手となったのはアマゾンのカスタマーレビュー記事!これは購入した人の意見が書いてあり評価的なもので、いつもネットで何かを買う時に参考にしています。それぞれのレビューを見ていると、シマノのルアーマチックだけ桁違いにカスタマーレビューが多く、見ると初心者が入門用として選んでいる人もいて評価も上々なことからルアーマチック86MLを選びました。

実際はショアジギングロッドの時よりも迷いませんでしたが、ロッド選びのときは使っている人の意見を一番重視していて、「シマノ」ブランドの釣具をあまり持っていなかったので興味本位なのも大きかったと思います。実際使って見た所、今までのロッドと全然扱い(キャストした時)やすさが違いコスパ的にもいいと感じたので、これからルアーを始める人におすすめロッドとして紹介するので参考にしてみてください。

ルアーマチック86MLのスペック情報

全長 2.59m
継数 2本
自重 145g
ルアーウエイト 6~28g
付属品 布袋、マジックテープ、取扱説明書
簡単なスペックをまとめましたが、一番重要になったのが投げれるルアーの重さ!6~28gということで意外と範囲は広く、軽いジグヘッド~メタルジグを投げれるのも特徴に思います。また自分的にはロッドをルアーだけでなくエサちょい投げにも使うことから、軽いジェット天秤が投げれるのも結構重要なポイントでした。
ルアーマチック86MLの最適な魚種は、シーバス、エギング、タチウオ、マスなどで付属の表には一目でどのルアーマチック型番が魚に適しているか見る事ができます。自分的にはシーバス、エギング、タチウオというと狙っている魚にピッタリ!タチウオにも対応しているとは思っていなかったので以外でした。
スペックはロッド型番によってそれぞれ違いがあるので、ロッドを購入する際は一通り目を通してから自分に合っている物を選ぶのをおすすめします!ちなみに初代ロッドは釣具屋で適当に見ていて、長ければいいかな?と購入して、ロッドが硬いタイプということを知らずに買ってしまいました。
ルアーマチックに付属している布のロッド袋は緑色!ロッドの一部も濃い緑色なことから緑をモチーフなのがルアーマチックの特徴にも思いました。
少し疑問に思うのが、ロッド袋の使い道!だいたいどのメーカーもロッド袋が付属されていますが、釣り場で袋を使っている人を見たことがなく、いつこれに入れるのか不思議に感じます。
ルアーマチック86MLのロッド長さは2.59m、画像の上のロッドは初代シーバスロッドでほぼ同じ長さ!パッと見の違いは持つ部分に少し違いがありました。
ルアーマチックに取り付けたリールはダイワのレブロス3012Hで、長さ的にちょうど良く、ダイワだと3000番台のリールが合うように感じます。実際クレスト3500番も付けてみたものの、少しリールが大きく感じました。
ロッドのスペックはこんな所で、ジグを投げてみた動画と使ってみた感想も紹介!

ルアーマチック86MLを使った感想レビュー

動画では、ダイソージグ18gを投げて飛距離などを試してみました。18gはルアーウエイトでも中間くらいの重さで、よく使うことからどれくらい飛ぶのか?

初代ロッドとの違った点

  1. キャストした時に「ピシュッ」と爽快な音が出た
  2. ロッドのアクション(しゃくり)がしやすい
  3. 飛距離が前よりも出た

前使っていたロッドが硬かったせいか、投げた時(キャスト)のジグが飛ぶ音を出せました。今までどうやったらあの音を出せるのか疑問でしたが、普通に何度キャストしても音が出るようになったことから硬さが影響していたのかもしれません。ルアーマチック86ML「ミディアムライト」は程よい硬さでもありソフト感もあることから、とにかくジグを投げた感触が良く、扱いやすいように感じました。

飛距離に関しては、18gのジグが約60~70m(リール回転数から糸ふけを抜いた距離)普通に飛んだのにもビックリ!キャストがまだまだヘタな自分でもこれだけの距離を出せれたので、ロッドの扱いやすさからすると入門用として選ばれている理由もわかりました。

ルアーマチックは費用対効果から言うとコスパ的にも優れていて、初心者でも扱いやすい事から、自分的に買って良かったロッド!値段だけでいうともっと安いロッドもあるものの、「シマノ」ブランドのロッドというだけでも満足度は高い感じもします。

シマノ スピニングロッド ルアーマチック S86ML 8.6フィート

人生で初となるシマノのロッドを購入し実際に使って見た感想を交えて紹介しましたが、もし自分と同じようにシーバスロッドをどれにしようか迷った際は参考にしてみてください。

これでやっと2代目シーバスロッドが復活したので、ルアーマチックと色々なジグを使いルアーを楽しみたいと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク