ドラッグメタルキャストSSZ40gレビュー!飛距離テストしてみた

DUOから発売しているドラッグメタルキャスト40gを購入したので、レビューをかねて飛距離テストしてみた記事内容。今年は夢でもある青物やヒラメをどうしても釣ってみたく、エサ釣りよりもショアジギング優先で釣りをしている訳ですが、キャストを一から練習して学んだ事は、砂浜サーフでのショアジギングは飛距離が出ない事にははじまらないという事!いかに水深があるポイント(ベイトがいる場所)までジグを届かせるかが重要に感じていて、様々なメタルジグを購入して試しているとある事に気づきました。

それがメタルジグの形状で、飛距離が出るジグの特徴は細くて重心が後方(リア荷重)にあるものがよく飛ぶ事がわかり、以前の記事でも紹介したシマノのイワシロケット飛び過ぎダニエルもリアに重りがくるような形状をしています。そして今回紹介するDUOのドラッグメタルキャストSSZ(スーパースリム)もリアに重心がくるジグとなっていて、購入したのにはきっかけがあります。

ドラッグメタルキャストSSZを選んだ理由?

実はドラッグメタルキャストはシーバスロッドを購入した頃に、小型ジグとして15g通常タイプ(その頃は見た目だけで適当に購入)を選んでいて、飛距離テストをした所、15gなのにかなり飛んだ事からよく飛ぶジグという認識でいました。そしてショアジギングをしていて飛距離が重要と感じた今!よく飛びそうなジグを探していた時にその事を思い出し、DUOの公式HPでジグを見ているとスーパースリムZというメタルジグがある事を知ったのが選んだきっかけです。

ちなみに通常のドラッグメタルキャストも色やサイズは豊富でしたが、自分的には細いほうがよく飛ぶという感覚があったため、スーパースリムZの方にしました。

さっそくスペック情報と形状がどんな物か解説!

ドラッグメタルキャスト・スーパースリムのスペック情報

ショアジギング用として購入したのは、ドラッグメタルキャストSSZ40gブルピンイワシで、自分が使っているロッドに一番合っている(飛距離がでやすい)と思った事から、この重さにしました。本当は50gもあれば良かったと思います。

ドラッグメタルキャストSSZのサイズとカラー

・サイズは20g30g40g60gの4種類!

・カラーは、定番のマイワシ、ブルピン、ピンクキャンディーからゼブラなど8種類!

カラーに関しては、ドラッグメタルキャストでも通常タイプスリムタイプと比べると若干少ないので、これから追加される事を期待します。スリムタイプにNEWカラーが追加されたことから、スパースリムZもワンチャンある?

20g~60gのサイズ共通なのがフロントにアシストフック、リアにトレブルフックを装着!パッケージにはアシストフックとトレブルフックのサイズが書いてあるので、交換する時に初心者でも分かりやすいと思います。

スーパースリムZの対象魚

スーパースリムZの対象魚は、「ワカシ、イナダ、ワラサ、カンパチ、サワラ、サバ、シイラ、シーバス、ヒラメ、タチウオ」となっていて、15gの通常タイプとも対象は同じでした。青物、シーバス、ヒラメ、タチウオまで対象なので、サイズカラーそれぞれ使い分けると釣果に繋がりそうに感じます。

ジグの形状

【上から見たスーパースリムZ】

横から見るとそんなに後方に重心がきてないように見えますが、上から見るといかにリアに重心がきているのかよくわかりました。

【下から見たスーパースリムZ】

下から見ても重心が後方にあるのが確認できますが、良く見ると上側に重さがあるように見え、下側は船の底部フィンキールのようになっています。それがスペック情報の特徴「優れた操作性」を発揮しているように感じ、「浮き上がりやすく青物狙いに抜群の威力を発揮する」の形状に見えました。

この形状は色々なジグと比較すると飛距離抜群の「飛び過ぎダニエル」に似ていて、ドラッグメタルキャストの場合は上と下が逆になっているのがわかりました。一見普通に見るとただの細長いジグでも、色々な視点から見るとかなり特徴的に感じます。

ドラッグメタルキャストSSZ40g飛距離テスト

ショアジギングで使うのに肝心な飛距離テスト!

使用した釣具

  • ロッド ダイワ・ジグキャスター97MH
  • リール ダイワ・レグザ5000
  • ライン PEライン1.5号

ショアジギングで普段使っている釣具を使用、若干横風がある砂浜サーフで飛距離テストしてみました。その結果は!?

飛距離テストした結果

飛距離は糸ふけを抜かしただいたいのリールの回転数からで、約70mくらい飛んだのでGJ!キャストした感じは40gのイワシロケットとほぼ同等で、飛び過ぎダニエルよりもキャストした時の音「空気を切り裂くような音」が若干足りないものの、よく飛ぶメタルジグに感じました。またキャストするとジグパラのようにジグが飛んで行く様子が見えない事から、スリムタイプで後方重心のジグは鋭く飛んで行くように思います。

おそらく高性能のロッドやジギングガチ勢(ペンデュラムキャストをマスターした人)の人が使うと飛距離は出ると思うので、あくまでも1つの例として参考にしてください。またyoutubeチャンネル「釣りロマンス」のショアジギング初心者釣行でも、ドラッグメタルキャスト限定でやってみたいと思っているので、そちらも参考になればと思っています。

ドラッグメタルキャストSSZ40gの感想

今回はショアジギングで重要な飛距離が出そうなメタルジグ「ドラッグメタルキャストスーパースリム40g」のレビューとして飛距離テストなど伝えましたが、よく飛ぶジグの仲間入り!スリムタイプでリアに重心があるジグはやはりよく飛ぶという事がまた1つ実証することになりました。アクションはやりやすいのか初心者なのでわかりませんが、青物はジグをフォールさせてから表層に向けると食いついてくる(経験済み)事が多いので、操作性が売りのドラッグメタルキャストSSZな事からも青物狙いにピッタリなように感じます。

アマゾンで「ドラッグメタルキャスト」を見る

これからドラッグメタルキャストSSZ40gを実戦で使っていきたいと思っていて、これだけ飛距離が出ればポイントにも届くと思うので、後は釣果を出すだけ!自分的にはイワシロケット、ドラッグメタルキャストSSZ、飛び過ぎダニエルがよく飛ぶメタルジグに感じていて、ジグの形状によって飛距離が違ってくるのは今回の記事でも伝わったのではないかと思います。

またショアジギング初心者の人の為にも、色々なジグを試してみて感想など伝えていくので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク