【ダイワ】クレスト3500リールを購入レビュー!リールを安く買った方法とは!?

梅雨もあけていよいよ釣り時期本番の7月になりました。まだあまり本格的に釣りに行けてないものの、6月の最終日にあるものが(タイトル通りのリール)アマゾンから届いたのでレビューをかねて安く買った方法も紹介してみたいと思います。

今回購入したリールは「ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 クレスト 3500」!実はこのリールはルアーを本格的にはじめるのにあたりショアジギングロッドで使うリール選びでレブロスと迷ったリールの1つ。ダイワリールの中ではジョイナスとレブロスの中間?にあたる位置のクレストは値段も手ごろで番手も豊富な事から釣り入門用としても適しているリールで、買うきっかけとなったのがアマゾンで安売りしていたから!おそらく今回の記事は自分で言うのもなんですが、アマゾンで釣具を購入する人には耳寄りな情報につきかなり参考になるのではないかと思います。

さっそくリールのレビューから紹介してみるので、ダイワリールで迷っている人は参考にしてみてください。

ダイワ・クレストリールのレビュー「スペック情報」

まずは開封の儀!ダイワリールの箱はリールの種類によって色分けされていてクレストは黄緑色の箱に入っていました。付属品は①取り扱い説明書②スプール調整ワッシャーの2点で、リールの取り扱い方から注意事項が書いてあるのもワゴンセールのリールとは違います。

パワーノブ

クレスト3500番は番手の中では大きな部類のリールで、3500番からハンドルについているノブがパワーノブになっているのも特徴。意外と釣りをするのに気になるのがハンドルノブで、リールの番手によってIシェイプ、Tシェイプ、ダブルハンドルなどそれぞれ違ってきますが、自分的にはパワーノブはつかみやすい感じがしました。前に購入したレブロスももう一番手あげてパワーノブにすれば良かったと少し後悔はするものの、このリールもショアジギングロッドで使用してみたいと思っています。

上の画像は左側がダイワジョイナス3000番、右側が今回購入したクレスト3500番で、画像からもパワーノブがどれだけ大きいのか分かるかと思います。

リバーススイッチ

釣り初心者の人にとってあると便利なのが、逆回転できるスイッチ!画像の赤丸部分のスイッチを切り替える事によってリールが逆回転できるので、巻きすぎてもラインの調整ができることから扱いやすさは違ってきます。もしスイッチがないとベールをあげてラインを出すかドラグを緩めてラインを出すかになるので、釣り初心者の人はこの点を見てリールを選びしてみてはどうでしょうか。

最近自分の中では、このリバースモードスイッチがリールについているかによってリール購入する基準にしているので、それだけ重要機能の一つでもあります。

スプール

スプールの糸を巻く部分には溝が2本あり、これは下糸を巻く時の目安になるのであると大変助かりました。ラインを巻いた様子は後で紹介!ちなみにスプールの中央はまだシールがついている状態で、剥がすと糸巻き部分は金色です。

スペック情報

リール番手 クレスト3500
ギアー比 4.9:1
巻き取り長さ(ハンドル一回転) 83センチ
標準自重(g) 385グラム
巻糸量 20lbー200m

ナイロン4号ー200m

ナイロン5号ー150m

PE1.5ー350m

PE2ー300m

PE2.5ー250m

簡単なスペック情報を表にしてみましたが、リール本体の重さは番手が大きい事から3000番台とは若干重くなり、スプールに巻ける糸は結構長く巻けます。自分的にはクレスト3500をエサ投げ釣り用かルアーのショアジギング用で使ってみたいと思っていて、飛距離も結構でることから巻き糸がたくさん巻けるのもいいと思いました。

リールのスペック機能面では、さすがに高級リール(釣具屋のガラスケースに入っているリール)にはおとるものの、釣り初心者の人には値段的な面でもコスパ最高!自分の中ではリールのデザインも気に入っていて、黒、金、メッキの色具合は意外と高級感があるようにも感じます。ダイワのクレストは1000番~4000番台まであるので用途にわけてどの釣りシーンにも合わせることができるのも特徴!種類が多くハイギアモデルもあるので、対象魚に合わせてみるのもいいと思います。

レビューのほうはこんな感じですが、文字では伝わらない面もあると思うので、またyoutube動画「釣りロマンス」のほうで実際に投げてみた様子などアップしてみたいと思います。

次にリールといえば糸ラインも大事!今回のクレスト3500にはPEラインを少し細いものにして、巻き方なども最初の頃とは違って極めてきたので参考にしてみてください。

リールにPEライン巻いてみた

今回のリールクレストの主な使用はエサ投げ釣りとショアジギングで使うということで、下巻き4号にPEライン1.2号を100mという仕様。以前はそんなに飛距離が出なかったので、シーバスロッドで使っているリールジョイナスには50mくらいしかPEラインを巻いていませんでしたが、最近になり投げるフォームを改善変更した所、飛距離が出たため、今回はナイロンの上にPE100mを一本そのまま巻く事にしました。

下巻き、PEライン、リーダーの繋ぎ目の結び方はシーガー公式で色々な結び方があるのでいつも参考にさせてもらっています。文章や絵だけではなく、一部の結び方は動画もあるので釣り初心者の人には非常に助かります。

リールの巻き方は自分はこんな感じでイスに座って、リールに糸を巻いています。経験からいうとリールだけだと少し持ちにくいので竿にリールを取り付けた状態のほうが作業ははかどると思います。

巻くときの注意点は足で少しテンションをかけてじっくりと巻く事!適当に巻くとラインがほつれたり玉などができる原因になるので巻く時と結び目を作る時は慎重に作業することをおすすめします。

飛距離を出すのに重要なのが、ラインをスプールギリギリまで巻く作業!これは本当に飛距離が違ってくるのでおすすめで、下巻きする際は上に巻く糸の量も計算してやらないと失敗してしまうので注意が必要です。

まずは下巻きとなるナイロンライン4号をスプールの溝ラインの2本線ちょっと過ぎあたりまで巻きました。上の画像はナイロンとPEの結び目が見えますが、最初に比べると結び目もかなり小さくガイドに引っかからないようにできたのでかなり成長したと自分では思いました。

ナイロンラインの上からPEライン1.2号を100m巻くのでリールのスペック情報の巻糸量を参考に巻いたところ、スプールツライチバッチリな状態に成功!この点から見てもスプールに刻んである溝はラインの目安として本当に参考になります。

PEラインにリーダーを結び完成!PEラインには以前の記事で紹介したシリコンスプレーも拭いてあるので、飛距離が期待できます。作業時間は、約30分もあればできますが、初心者の人はとにかく早くやろうとせずにラインを巻くときはテンションがしっかりとかかるように巻いていくとうまくいくと思います。

これでクレストは実戦に参加できることができましたが、リールを買うきっかけとなった何故安く買う事ができたのか?を紹介してみるので、気になった方は参考にしてみてください。

アマゾンでリールを安く買った方法

時はさかのぼる事、5月21日。そろそろメバリング兼アジング用のロッドやリールも購入しようかと思ってアマゾン先輩で価格チェックしていた時の事!ふと色々なリールを見ていると、以前購入しようとしたクレスト(ショアジギング用で迷った)3500番リールがかなり安い値段で売られていました。なんでこんなに値段が安くなっているのか?不思議に思い良く見てみるとある条件があることに気づきました。

リールが安く買えた条件!

安く購入できた条件はアマゾンプライム会員であること!たまたまその時はダイワクレストの中でも3500番のリールだけが期間限定で安くなっていて、自分は購入時にプライム会員になっていなかったのでとりあえず無料体験(30日間なら無料)で入会することになりましたが、リールの値段+プライム会員(月額400円)に入っても安かったので購入を決意しました。手続きを進めると無料のプライム体験でも買えることがわかり、初めてアマゾンプライム会員の良さを実感しました。

購入日は5月21日で即ポチしたクレスト3500!そして気になるのは発送ですが、ここで通常の商品(アマゾンが販売、発送する商品)とは違う事もありました。アマゾンといえば購入手続きをしてから発送が早いことで有名ですが、安くなっていたクレストリールは発送の期間(お届け予定)が6月2日~30日ということで、約1ヶ月間以内に発送されるということ。特に急ぎで欲しかったわけでもないので、「来るまで待とうホトトギス」状態で発送メールを待つことにしました。

さすがに中旬くらいまでには来るだろうと思っていたものの、6月中旬を過ぎても発送メールがないことから、もしここでプライム会員無料体験を解約したら商品が届くのか?という疑問がわき、プライム会員無料体験を解約することに!

無料期間の30日間にせまっていたのでそのまま会員を続けてもよかったですが、会員を解約した場合の事例としてどうなるのかを試してみました。

すると発送期間の最終ギリギリ(6月29日)で発送メールが届き、無事に6月最終日にクレストを受け取ることができました。この経験からわかったことは、プライム会員無料体験に入会して商品の手続きをすれば途中でプライム会員を解約(30日以内)しても商品は届くことが判明!リールなどがどのタイミングでプライム会員限定の割り引き価格で販売されるのかは今の所不明ですが、お得に買えるセール的な事(対象商品)があるのだけは分かりました。ちなみにアマゾンの商品は一般会員でも月日によって値段が多少変わっていて(オレ調べ)、自分のように見逃さない為にも常日頃から欲しい物をチェックしているといいタイミングが来るかもしれません。

いかがだったでしょうか?これがリールを安く買った方法で、プライム会員に入っていると色々とメリットがあると思ったことから正式にプライム会員に入会することにしました。

アマゾンプライム会員の特典

アマゾンプライムの会員は無料体験(30日間)以外は有料で、月額と年額のどちらかで会員費を払う事により会員特典で色々なサービスを受ける事ができます。

会員費

  • 月額プラン400円
  • 年額プラン3900円

自分の場合はとりあえずということで、月額プランを選びましたが長期間会員になる場合は年額のほうが若干値段は安くなっています。

自分がプライム会員になろうと思ったのには、メリットが結構あると感じたことで、一番大きいなと思った事がこれ!

アマゾンから発送される商品の合計が2000円以内でも送料が無料!通常だと合計金額が2000円以下だと送料がかかってきますが、プライム会員だと無料という点が一番大きかったです。自分の場合は、ルアーをはじめるようになってから細かな物を思いついた時に買うようになりいつも2000円以上になるように購入していました。意外と買う物が小さい事から、何点も購入しなくてもいいのが一番のメリットに感じ、送料を考えると月額の400円は月に何度も購入すると元も取れそうに感じました。

ただし、配送無料となるのはAmazonから発送される商品のみなので注意!商品の欄には必ずどこから発送されるか書いてあるので発送欄を確認することをおすすめします。

プライム会員だとこんな特典あり!

  • お急ぎ便、日時指定便も無料
  • 配送料が無料
  • プライムビデオが見放題
  • プライムミュージックが聴ける
  • Prime Readingで本を読める
  • プライム限定価格で買える
  • プライム会員限定先行タイムセール

他にもまだ会員特典はありますが、ざっとこんな感じでプライム会員になると特典サービスがあります。自分が今回リールを安く買えたのは「プライム限定価格」で、対象商品が通常よりも割り引きされた値段で買うことができました。今までこんな特典があるとは知らなかったので、これからアマゾンでショッピングする人は参考になったのではないでしょうか。

Amazonプライム

今回はアマゾンで購入したリールのレビューからプライム会員の事まで実際に経験したことを紹介しましたが、自分的にはかなりお得感が満載な出来事でした。アマゾンといえば釣りをする自分にはかかせないショッピング通販サイト!小物を買うのにもこれからはフル活用していきたいと思うので、また何かお得な情報があれば記事で紹介するので参考になればと思っています。

もしアマゾンプライムの無料体験する場合、30日間を過ぎると自動的に会員になり有料となるので無料期間中に解約手続きをする必要があるのでその点だけは注意してください。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク