碧南市の衣浦トンネルで釣りをする際の注意点!初心者必見!

3月に入り気温もだいぶ暖かくなって、これからが釣りの季節!先週の週末に三河地方でも大人気ポイントになっている「衣浦トンネル碧南側」と「碧南海釣り公園」に行った所、ありえない釣り人の数で時間が遅かった為か、入るポイントがほぼない状態でした。これからますます釣り人が増えてくると予想され、今回は碧南市の衣浦トンネルで釣り初心者が釣りをする際の注意点を記事にしてみようと思います。

注意点は自分が実際に見た事と経験したことを書いていくので、初心者だけではなく初めて衣浦トンネルに釣りに行くガチ勢も参考にしてみてください。

ウッドデッキで釣りをする際の注意点

衣浦トンネルの釣り場は主にウッドデッキと展望台がある岸壁沿いの2箇所あります。自分の経験と見た感じでは、ウッドデッキ側では今の時期シーバス狙いが多く遠投する為にフルスイングをする人が多い印象。実際にセイゴ(シーバス)は結構釣れていて、エサ釣りではブッコミ釣り投げ釣りやルアーを投げるルアーマンそれぞれいました。週末ということもあり行った日は3m間隔くらいに釣り人が入っている状態で、三河でも人気な釣り場!

でもここ潮の流れが意外と速く、上の画像の矢印方向に流れることから結構お祭り(隣と仕掛けがからまる)する人が多い場所でもあります。先月、実際ここで釣りをしていて、お祭りをしている人(ルアー投げいているルアーマンとおそらくブッコミ仕掛けのエサ釣り)を目撃しました。自分もここでお祭りをした経験(ちょい投げで置き竿にしていてルアーとお祭り)もあることから注意することがこれ!

注意点

・エサ投げ釣りする際は、あまり遠投しないほうがいい!ブッコミ仕掛けで置き竿にするときも流されるので隣との間隔があっても気をつけたほうがいいです。ルアーだとアクションをつけてエサ釣りよりも早くリールを巻くと思うので、そうそうお祭りはないと思います。ここでルアーをする人は潮の流れを知っているガチ勢が多い印象。

・釣り初心者はどこか人がいないとこで投げる練習をしてから釣り場デビューしたほうがいい!間違ってもフルスイングはやめたほうがいいです。これは他の釣り場でもいえることですが、夏場の一番混んでいる時期に見た光景で、おそらく釣り初心者だと思われる集団の一人がフルスイングした仕掛け錘が車がとまっている方向に飛んで行って車に当たるような音(ボコンと鈍い音)がしたことから!車に当たって凹んだりすれば弁償になったり、人に当たってケガでもしたら大変!せっかくの楽しい釣りも台無しになってしまいます。

自分も初心者ですが、とりあえず他の釣り場と比べてもお祭りが多い場所と思うのでこの点を気をつけてみてください。ちなみに行った日は、ボラが大漁にウッドデッキ側足元付近を泳いでいておそらく釣り初心者と思われるカップルが40センチくらいのボラを釣りあげていました。

本当はここで釣りをする予定でしたが、ボラ魚群を見て碧南海釣り公園に移動することにしました。

碧南海釣り公園の様子

しかし見た光景がこれ!

駐車場についた段階で、普段とは違う尋常じゃないくらいの車の数!碧南海釣り公園はゴールデンウェーク並みの人の多さで温排水側は入る場所が全くない状況でした。まるで釣り大会でも行われているような感じで、駐車場側で釣りをすることにしました。

駐車場側も3m間隔くらいに釣り人が入っていて、空いている場所はハゼ、タコ、カレイが釣れるポイントのほうだけでした。ちなみに排水がある前から気になっているポイント前(矢印の場所)には何本も置き竿してありました。

【駐車場側の排水場所の様子】

以前にクロダイを釣っているのを何度も目撃していることから、おそらく排水されているのは温水ではないかと思います。石畳と温排水が揃えば釣れる魚もピンとくるはず!

50センチくらいのボラがウヨウヨしている状態で、もし温排水側がいっぱいで入れない時はワンチャンあるかも!夏場だけではなく、冬もクロダイを釣った人を見た事があります。

そして入る場所がなかったため、ここで釣りをすることに!衣浦トンネルに戻る選択もありましたが、これだけ釣り人が多いなら何か釣れるだろという考えで釣り開始。隣にはブッコミ仕掛けの置き竿のカレイ狙いの釣り人とキッズ連れファミリーがいました。

どちらも釣れている様子はなく、ボウズ覚悟の釣り!

今回のエサは2月のいつに買ったかわからない青イソメ、かなり香ばしい匂いがしました。竿はロッド一本で、ちょい投げ仕様のキャロライナリグ(シンカー+セイゴ1本針)で一撃勝負!この仕掛けは意外と大物もかかることから、夏におすすめです。

碧南海釣り公園での釣果は?

投げては微妙なアクションをつけてみましたが、全く当たりの反応はなく釣果はボウズでした。帰る頃には温排水側で遠投カゴ釣り?の50m先くらいに電気浮きが並んでいる状況で、今年も春が来たなと思い帰りました。カゴ釣りをやったことがない為、何が釣れるのかわかりませんが、あれだけ遠投すれば大物もかかりそうに感じました。

碧南海釣り公園の駐車場の注意点!ここ猫が駐車場に多く車のエンジンの下に入り混んでいるのを何度も目撃したので、帰る際はエンジンをかける前に念の為に車の下回りを見たほうがいいです。アンダーカバーの隙間からボンネットの中に入っている可能性もあるので、とにかく注意!

もうすぐ春本番!今年はルアーをガチで初めていくつもりなので、エサ釣りと並行して楽しみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. りゅう より:

    久々の釣り日記ですね!

    衣浦のウッドデッキの潮流ですが、大潮でもなければ大丈夫です。左方向に流れてたってことは、下げ潮時に行ったみたいですね。上げ潮なら逆になります。もっとも、ここは足元に敷石が入ってるんで、根魚を釣る場合は、足元付近がポイントになりますが。ただ、ここはシーバス(セイゴ)釣りがメインで、シーバスが釣れなくなったら、釣り人も散りますけどね。(^^;

    碧南つり広場、冬場は大混雑しますが、夏が近付くにつれて釣り人は散って行きます。温排水に集まってた魚が散って、釣れなくなってくるんで。遠投の電気ウキは、セイゴかクロダイ釣りの人ですね。排水に仕掛けを乗せての流し釣りです。この時期ならではの有名?な釣り方ですね。詳しくは中スポ(貼付リンク)参照。

    衣浦と碧南の人混みに驚かれたようですが、今がここの最盛期なだけで、普段の夏場はどうってことないので、安心して来てください。あんまり釣れんけどね。(笑)

    • 管理人つっくん より:

      コメント返信遅れてしまい申し訳ないです。
      先週は衣浦のウッドデッキに行きましたが、入るスペースがないほど釣り人が多い状態で、なんとか隣との距離2mくらいで釣りをしたものの何も釣れませんでした。やはり今の時期、シーバス狙いのルアーマンが多い状態で、少し上流のタコ公園に行っても入るスペースがないほどルアーマンが多かったです。

      碧南海釣り公園も異常に人が多く、何が釣れているのかわかりませんでしたがとにかく家族連れからガチ勢まで温排水側は入れないほどいたのでまた入れる時はチャレンジしてみたいと思っています。