三谷漁港の防波堤で投げ釣り ヘダイ・セイゴ釣る

2日連続で釣り!今回は蒲郡市にある三谷漁港にある防波堤に釣りにいってきました。青いそめが残っていたのもありますが、夏はやっぱりアウトドアらしく釣りが楽しいです。魚が活発な時期にいかなくていつ釣るの?今でしょ!状態で場所はよく行く漁港にある防波堤ですが、この時期は釣り人が多く隣との距離を考えて入らないと投げる時に危険ですので注意が必要です。初心者は得に気をつけないと相手に怪我を負わせる事もあるので竿のフルスイングは絶対やめたほうがいいです!

今日行った三谷漁港の防波堤は海側と内海側どちらも魚が狙える場所なので、鉄板で何か釣れるので楽しみなポイントです。過去には自分ではありませんが、大きなスズキやキビレ、クロダイを釣り上げていた人を見たことがあるので期待は膨らみます。釣りは半分はエサの種類と運だと思っているので、大物魚を釣り上げるのは初心者、プロ関係ないと思っています。

防波堤の海の状況とエサ仕掛け

・午前中に雨がパラパラしていましたが、午後からは曇りの天気で多少風がありました。

竿はサーフ用の長いのを一本と中くらいの竿を1本で、海側に投げる時用でサーフ用を持っていきました。ジェット天秤18号2つに仕掛けは2本針を使用、エサは青イソメを房掛け状態で投げ込みます。いつもの投げ釣りですが、潮の上げ下げで釣果は確実に変わります!場所によって上げで釣れる所と下げで釣れる所など、状況は様々で海は不思議です。

三谷漁港・防波堤での釣果は?

釣果は、トップ画像のセイゴ35センチ、チビカサゴ、ヘダイ25センチ、フグでした。やはり30センチを超えるセイゴの当たった時と引きはすごい楽しいです!ヘダイもすごい暴れる感じなので引きは楽しめますが、釣れる魚によって引きは回数を重ねると何が釣れるかだいたい予想できると思います。他の場所でエイを何回も釣っていて置き竿の時、竿のしなり方でわかるようになってきました。ここでヘダイが釣れたのは初めて!ちょっと驚きました。

最初漁港側の内海でやっていましたが、何も釣れなかったので外海に変更しました。全部外海で釣りましたが、不思議なことに内海と外海がある防波堤ではどちらかしか釣れないような気がします。前もそんなようなことがあったので、謎です!

雨が途中で降ってきたため、2時間ちょっとの釣りでしたが充分楽しめました。防波堤の先端ではクロダイ狙い?のおそらく落とし込みのプロ釣り師は雨が降ってもカッパを着てやっていましたが、雨の日は釣果どうなんでしょう?経験上雨の日の次の日の晴れた時に魚がたくさん釣れる気がします。

後、ヘダイは海の下地が砂の場所で多く釣れる?ヘダイが釣れるとだいたいセイゴも釣れセットの釣果になってきているように感じます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク