浜名湖にキビレ釣り!エサは青イソメ 弁天島海浜公園周辺

昨日は午後から浜名湖にキビレ狙いの釣りにいってきました。3月の釣果結果を見れば分かると思いますが、浜名湖の弁天島周辺でキビレだらけの釣果!冬の釣れない時期を知多半島方面で過ごし、ボウズが当たり前の状況でした。それで気分転換に静岡方面の浜名湖に行ったのが始まり、まだ水温が低いのに夏のように釣れる!浜名湖の魚影の濃さを始めて知ってからとりこになり4週?連続で浜名湖で釣りをしました。

本当は豊浜漁港のテトラ地帯で根魚狙い(カサゴ、メバル)を考えていました。でも、ボウズだったら・・・あのキビレの当たりと引きを楽しみたいと思い始め浜名湖に変更!豊浜での釣りはソフトルアーをしている人が多く、メバリングやアジング、アオリイカ狙いのエギングなども多いので参考にはなります。春も近くアオリイカ大物シーズンが始まる前にはエギングにチャレンジしたいと思っています。春のアオリイカはすれて釣りにくいといいますが、大きいと聞くので今から楽しみ!自分的には数より一撃にかけています。

エサ釣りの仕掛け

海の状況は弁天島周辺なので波の高さなどは気にならない程度でした。釣りポイントにいって釣り始めたのは夕方、それまで砂揚場と弁天島海浜公園の見学をしていましたが、気づいたことは以外とソフトルアーが多い事!釣れそうな場所の1番鉄橋、2番鉄橋には必ず釣り人が入っていました。

今日の仕掛けとエサ、竿は2本出してちょい投げジェット天秤にチヌ針に青イソメです。カレイなども狙えないかなと、もう一つの竿にはナス中通しの錘にカレイ仕掛けを使用してブッコミ。キビレが釣れるのがわかっているポイントですが、他の魚も釣れないかと期待はします。 

土曜ということもあり、釣るポイントには多くの人がいました。何故か前いった時より人が週ごとに増えている!?エサ釣りでちょい投げぶっこみが多いように見えました。ジグヘッドでワームらしき人もいましたが、釣れている様子はなしでした。

浜名湖での釣果

今日もキビレだらけの状態でした!潮の上げ下げ関係なく釣りにきましたがいつも通りの釣果!カレイ狙いのぶっこみ仕掛けはわかめ藻が絡んだので2本針は途中でやめました。潮の流れが速い所では1本針のほうが藻などを釣ることなく釣りができます←「初心者豆知識

結局2~3時間の釣果はキビレ5匹サイズは20~25センチくらいでした!大潮の時よりは釣れませんでしたが、充分当たりと引きを楽しめ満足です。残っていた青イソメも全部使いきり、小さめのキビレはリリースして終了。とりあえず寒かったです!ニュースなどでは桜が咲きはじめたとか春の暖かさといっていたのに、昨日に限っては冬の状態に戻った感じでした。早く春の暖かさになってほしいものです

弁天島周辺ではまだまだキビレ釣果出ると思うのでおすすめです!釣れない人はチャレンジしてみる価値あるので、浜名湖の魚影の濃さあじわってみてください。

今日もこの記事を書いてから釣りに行くつもりです。場所はどこに行こうかまだ決めてませんが、とりあえず釣り道具屋にいって色々見てから決めようと思っています。後、釣果日記の記事を書いていて思ったこと、読む人はどういう時に記事を見にくるのか?自分の経験上だと釣りにいって全く当たりもなく魚が釣れない時にスマホで情報収集するようにブログなどを見ているので、ボウズの人が多いのかなと思っています。それとも明日その釣り場スポットに行くので、何が釣れているのかブログを見て情報を得ているのか色々考えられるので楽しめるような記事を書いていこうとは思っています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク