冬の海釣り サーフ砂浜でカレイ狙いに エサ投げ釣り

冬の海、サーフ砂浜にカレイを狙いエサ投げ釣りにいってきました。この場所は少し前にカレイを釣ったポイントの近くにありますが、投げ釣りをしている人は見当たりません。少し離れた場所でルアーマンが投げているくらいで、冬のサーフはエサ投げ釣り全然いないですね。人がいる=釣果につながるかもしれませんが、とりあえず様子を見る為に釣りはじめました。

冬は風が強い日が多くて、投げにはむいていませんがポイントさえいい所で釣れば何かしら釣れる?カレイやヒラメ、スズキの時期だと思うのでルアーマンが多いのが現状でした。初心者なのでどこでもエサ投げ釣りをチャレンジしてしまうので、見る人が見れば変わってるかと思われそうです。

サーフの海の状況とエサ仕掛け

エサは前に釣りをした時に使用した青イソメ太いのが余っていて冷蔵庫の野菜室に入れておいたのを使いました。青イソメは野菜室にいれておけば1週間とか生きているのでエサとしては万能ですが、赤ジャムシなどは3日くらいが限界かと思います。カレイ以外に冬のサーフで何が釣れるのか青イソメで勝負します。竿はサーフ用の2本にジェット天秤20号、仕掛けはカレイ用の飾りがある2本針を使いました。針に青イソメの付け方は房掛けで2本くらい太いのをつけます。以前カレイを釣った時はこれでもかというくらいにエサを付けていて釣れたのでそれを参考にしました。

海の状況は波は少しありますが、風の影響かもしれません。風速3mくらいあったような気がしましたが、向かい風ではなかったのでなんとか出来る状態でした。冬は風が強い日が多く大潮の日に行くとか選べないのがつらく、今日は小潮?だったと思います。大潮か中潮の日が経験上一番釣れるので、もし初心者の方でいついくか考えているならその潮の日をおすすめします。

サーフ釣果結果

今日の釣果・・・・3時間くらい釣りをしましたがボウズでした。何も釣れなく当たりすらありません。しかも根がかりが多く、風も途中で強風になりはじめ投げ釣り所の騒ぎじゃなくなってきました。漁港など防波堤のほうがよかったかなと反省。冬にサーフポイントでエサの投げ釣りをしている人がいない理由がよく分かった日でした。セイゴくらいは釣れるかなと思っていたのが甘く、ルアーの人達は釣れていたのか謎です。

冬のエサ釣りは防波堤かテトラポッドがある場所でガシラ系を狙ったほうが釣果あるかと思います。夏のサーフ砂場での釣果が嘘のように全く魚がいないというか、もっと遠投すれば釣れたのかもしれませんが風が強くて・・・・とりあえずいい経験をしました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク