サーフで投げ釣り エサは青イソメとジャムシ【ヘダイ・イシモチ】

今日はサーフに投げ釣りにいきました。お盆休みの最終ということもあってかサーフにはあまり人がいませんでしたが、八月は自分にとっては魚が釣れる一番いい時期だと思っています。大潮、中潮の日が一番釣果が多くでますが、夏はどの潮周りでもサーフなら何かしら釣れるので行く前から楽しみで釣り道具屋で仕掛けを買うのも楽しくてしかたありません!

ここのサーフポイントは夕マヅメにちょい投げでも必ずニベかイシモチ区別付きませんが、鉄板で釣れます。周りはキス釣り専門の人達とルアー釣りの人達がいる場所です。

サーフの海の状況とエサ仕掛け

上の画像は夕日がとても綺麗だったので撮りましたが、海で見る夕日は本当に綺麗で心やすらぐので景色をみているだけでも充分かと思います。

・海の状況は波がほぼない状態で風が少しあるくらいでした。サーフポイントの近くの釣り道具屋でエサは青イソメ太いのと赤ジャムシを購入しましたが、夏は赤ジャムシがかなり売れているようで自分が買ってなくなりました。竿はサーフ用の長いのを2本で、ジェット天秤(20号)にセイゴ仕掛け2本針を両方ともつけて投げ込みます。

できるだけ遠投したいのはありますが、夕方の夕マヅメという時間帯には魚が浅瀬まで来ることがあるのでそこまで気合を入れて投げなくても釣れます。大物を狙うなら30~40mくらいは飛ばす必要があると思いますが。
自分が投げる場所は陸から15~30mの距離です。

サーフでの釣果は?

・ヘダイ30センチ1匹とニベ?イシモチ?35センチと25センチを2匹でした。夕方になる前に突然強い当たりがありかなり元気なヘダイでした。エサは赤ジャムシの仕掛けにかかったのでヘダイを狙うなら赤ジャムシがいい?青イソメよりすこし値段が高いだけはあるかと思うのでおすすめなエサです。しかもニベ?イシモチ?かどちらか魚種わかりませんが、それも赤ジャムシのエサの仕掛けで釣れました。ニベかイシモチの時の当たりも少しズシリという感じの当たりでしたが、ヘダイに比べると暴れる感じはせずにリールをスルスルと巻くことができました。夕マヅメの時間帯で3匹釣れて少し暗くなってからもう1匹ニベかイシモチが釣れましたがリリース。バケツに30センチ超えの魚を3匹いれるといっぱいな状態でしたが、エアポンプを入れているので帰る時まで元気な状態が保てます。本当はその場で血抜きをしてすぐに氷のクーラーボックスにいれればもっと新鮮な状態が保てるはずです。

ヘダイと2匹のイシモチ?ニベは両方とも煮付けで食べましたがおいしかったです。今度時間があるときに料理した画像も載せたいとは思います。

サーフではちょい投げでもエサ次第では魚が釣れるので初心者の方でも赤ジャムシで投げ釣り仕掛けでチャレンジしてみると釣果でますよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク