新舞子マリンパークでスズキを釣る!大潮・海釣り公園

今日は、ひさしぶりに知多半島の新舞子マリンパーク海釣り公園のポイントにいきました。風は少しあり天気は曇り大潮ということで何が釣れるか期待をしてまずは釣り場の道中にある釣り道具の店にエサを買いにいきます。投げ釣り定番の青イソメと赤ジャムシを買います。釣り場ポイントの近くには必ず店があるので、あらかじめ調べていくといいと思います。自分はいつも情報も知りたい為に必ず近くにある店を利用して今釣れる魚やポイントを念入りに聞いてからいくのですが、店主はだいたい気さくな人が多いため話を聞くと情報を教えてくれるのでおすすめです。

投げ釣りのエサも食べる魚によって色々使いわけていますが、必ず買う青イソメ以外に赤ジャムシも自分的にはかなりおすすめで本気モードで絶対に何か釣りたい時には必ず買うエサです。青イソメは光るらしいのですが、赤ジャムシは匂いで魚を誘うと聞いているので期待はできます。赤ジャムシは1000円分からがどの店も基本で青イソメより高級なため、量も少ないのが特徴で少し硬い為、針につけておもっきり投げても取れてしまうことがない為投げ釣りに向いていると思います。ストロー虫というのもありますが、自分が投げ釣りで使ったさいに針から取れてしまったことあるのであまり投げには向いてないかと思ってます。1本130円くらいなので半分に切ってやるのですが、取れてしまってはもったいない・・・こういうのは経験で学びますね。

そんな感じでエサを選んでポイントに向かいます。いつも思うのは、その道中のワクワク感が大人になっても一番楽しく感じるのは心が子供から変わってないから?何が釣れるか楽しみなのもありますが。

そして新舞子海釣り公園に到着、やはり大潮の日だけあって駐車場はいつもより多い感じがします。釣りをする人なら必ず潮と天候と風だけは調べてくるのが基本で、大潮は潮が動くので大物が釣れるといわれています。経験からすると大潮でもボウズの時もありますが、比較的魚が釣れる日ではあると思います。
そしてポイントにいくと、上の写真でもわかるように少し海にニゴリがありますが一番いい場所取りに成功!これはチャンスかもと思い、急いで投げ釣り竿2本と天秤に仕掛けにジャムシをつけて投げ込みます。ジャムシは高い為、1本を半分に切り青イソメも半分に切り一つの針に房掛けで両方のエサをつけました。これは人によって違うと思いますが、何故か魚の気持ちになってどっちでも好きな方を選べるようにしました。針のエサのつけ方も色々ありますが、自分的には房掛けが一番投げ釣りに向いていて小さな魚がかからないのでいいと思います。

初めの当たりは投げて一息しているときにありセイゴの20センチくらいのが釣れ、潮とまりになりますが同じくらいのサイズが2匹釣れました。潮の流れもかなり重要で、下げ上がりとまりという時間で潮は動きます。この潮の動きの状態で魚が釣れる時間帯がやってくるので潮とまりは退屈な時間帯に突入と思います。よく言われているのは「朝まづめ」「夕まづめ」という時間帯でこの時に魚が活発にエサを取る?経験からするとこの時間帯はかなり釣れます。

そして夕方の潮が下がっている時、竿がビクンビクンとかなり大きな動きがありました!何事と思いすぐに竿をあげ急いでリールを巻いた瞬間、これは大物だという確信に変わります。あまり急いで強くリールを巻くとPEラインという糸を使っていても切れる可能性があるため慎重に巻いていきます。その結果がこの写真

新舞子マリンパークでの釣果

今日の釣果 スズキ

体調60~70センチのスズキです。セイゴ→フッコ→スズキという呼び方があり大きさ的にスズキになると思いますが、自分でもビックリしました!今までの魚を釣った経験で一番大きい!リールを巻いている時からこれはただ事じゃないと思ってましたが、新記録を達成しました。釣り上げるまでかなりドキドキで、水面に魚が現れてから気づいたことは「タモ忘れた!」何故か駐車場からポイントに急いでいくため、いつも何か忘れるのですが、まさか肝心なタモを忘れたのには一瞬絶望的になりました。。。他の釣り人に借りようかと思いましたが、かなり離れていた為、もうぶち上げるしかないと決意!できるだけ水面に寄せて竿で持ち上げるのではなく、PEラインを手で引っ張りながら水面との高さ1.5mくらいを巻き上げてなんとか成功。引き上げてる時はPEラインは切れないにしろ仕掛けの針と糸が切れないかヒヤヒヤ物でした。

写真を何枚も撮り終えて、すぐに針をはずしましたが口のギリギリでかかっていたためよく針がはずれなかったなと思いながらもスズキを逃がすことにしました。これだけ大きいと調理も大変な為とクーラーボックスも小さいのしか持って来ていない為で、想定外という言葉が一番合うかもしれません。

一瞬のハプニングはあったにしろかなり楽しめた一日でした。やはり大潮という日は大物が釣れるのを実感したのでもし釣り初心者の方でいつ行こうと迷っていて大物を釣りたいのであれば確実に大潮の日をおすすめします。今までは大潮の次の日の中潮が自分の中ではたくさん魚が釣れるジンクスがありますが、大物を狙うならやはり潮が一番動く時がチャンスじゃないでしょうか?たまたまの可能性もありますが釣りは運も大きいので、潮の流れもかなり重要だと思った一日です。

想定外の大物の魚を釣るチャンスもあるので持ち帰るのであれば、タモと大きめなクーラーボックスは必須です。(自分に言い聞かせてる

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク