漁港の防波堤で夜釣りに 謎の魚を釣る!キジハタ?とアナゴ

漁港の堤防、防波堤に夜釣りにいってきました。画像を見ると釣りプロの人ならすぐに何の魚かわかると思いますが、初心者の自分は絶対これヤバイ病気の魚だと感じ毒があるかもしれないと勝手に思い込み慎重に軍手をしてマゴチバサミで針をはずしてリリースしました。釣り初心者の自分にとっては見たことなかった魚だったので、食べれるとか以前に見た目で判断してしまいます。これは初心者あるあるじゃないでしょうか?結局家に帰ってから、写真で何の魚か調べてみたら、住んでいる場所によってはクエなどと呼びハタではないかと思います。キジハタ?

とりあえず、ハタの仲間だということは分かりました。このポイント場所で釣りに来て初めてハタを釣り、漁港としては普通サイズなのに色々な魚種が狙えるかもと思った一日でした。

防波堤の海の状況とエサ仕掛け

・漁港の防波堤の外海ではなく内海側にエサの投げ釣りをしました。外側でもよかったんですが、前に大きなエイが釣れてから仕掛けがなくなるといけないと思い内側を選びました。海の状況は内海なので全然荒れてもいなく普通です、風もほどよく吹いているので蚊もあまり気にならないほどでした。夏の漁港、防波堤釣りは虫よけスプレー持って行くのをおすすめします!

漁港から近くの釣り道具屋にいき、投げ釣りでかかせない青イソメ太いのと赤ジャムシを購入。今日は仕掛けなど買わなかったので、内海限定で釣るつもりでした。竿はサーフ用と浮き釣りで使っていた竿2本で、ジェット天秤15号に2本針仕掛けで勝負しました。大物狙いの為に、針にエサのつけ方は房掛けです。赤ジャムシは結構経験上、大物の魚が釣れると思うので自分的にはおすすめです。

 防波堤での釣果は?

・今日の釣果はトップ画面にあるキジハタ25センチとアナゴの70センチクラスと30センチくらいのでした。外道としてゴンジイがダブルで来たりしましたが、アナゴはかなりいいサイズだと自分では思いました。持ち帰ったのはアナゴ70センチだけでしたが、ハタを逃したのはちょっと後悔です。近くにいた釣り人に聞けばよかったかな?

アナゴは置き竿をしていて何か来たかなとリールを巻いているときに、何か重いけどデカイ藻か何かなと思っていましたがビクンという反応がありこれ大きいかもという確信に変わり釣りあげました。防波堤と水面の高さは2mくらいありますがこれくらいのサイズなら全然ぶち上げでいけます。 ハタが当たった時は投げて少し誘うように巻いていると突然何かの引きがあり結構重いので上げてから、初めて見た魚でした。初心者の無知ってホント経験するしか学べないなとつくづく思いました。3時間くらいの釣りでしたが、初めて釣った魚や大きなアナゴも釣れてかなり満足いく釣りでした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク