夕マヅメに夏サーフにエサ投げ釣り 青イソメでキビレ・ヘダイ

夏の投げ釣りはどこにいっても魚が釣れる時期!今日はまたいつものサーフポイントにいってきました!夏の暑さと海を感じたいなら昼間から行くといいと思いますが、熱中症などのことを考えると夕方からが釣りはいいかと思います。暑い時間帯にやってもあまり釣果が出ないのもあり、魚がエサを探す時間帯がピンポイントで狙う人には一番効率的かと経験上そう思います。

今年は特に真夏の堤防で釣りにいって熱中症っぽい症状になったので、初心者の方は必ず保冷剤、氷、冷えピタなど冷やすものと帽子など頭に何かかぶるものが必要かと思います。

砂浜の海の状況とエサ仕掛け

・海の状況は多少の波と風がありますが、釣りをするのには良かったと思います。夏の夕日の沈む瞬間はかなり好きですので、風景を見てるだけでも癒されました。おすすめです。夏の釣りは夕方から夜にかけて蚊など虫も多いので風がない日は特に虫よけスプレーが必須です!サーフなどはライトを点けてないと虫はそこまで寄ってきませんが、漁港の防波堤などは風がないと大変な状態になることもあるので虫よけスプレーは大事ですよ。必ず持っていったほうがいいと思います。

・エサは釣りポイントの近くにある釣り道具屋で青イソメ太いのと赤ジャムシを購入しました。(左が青イソメで右が赤ジャムシ)夏はこのエサさえあれば何でも釣れる気がします!外道のフグ、ゴンジイが釣れてしまうのが難ですが。。。 竿はサーフ用を2本にジェット天秤20号で2本仕掛け針で勝負します。針は14号?だと思いますが、大きい針なのでエサは房掛け状態で投げました。できるだけ大物を釣りたいただそれだけの考えです

砂浜の釣果は?

かなり当たった時に引きがあり暴れたサメ

キビレ25センチくらい

ダブルでヘダイ20センチくらい

今日の釣果は釣り始めてすぐくらいにいきなりサメとフグ!ダメかなと思っていましたが、明るい時間の夕マヅメにヘダイの25センチくらいを釣り暗くなってからはキビレ25センチ、ヘダイを数え切れないくらい釣りました。20センチくらいのヘダイは投げれば釣れる状態でビックリ!ヘダイやキビレは引きが小さくても強いので2本針にダブルでくるとかなり重く、大物かと思うくらいでした。エサは青イソメでも赤ジャムシでもどちらでも食べてくれて均等に減った上体です。
※サメなど危険な魚は必ず軍手をしてマゴチバサミではさんで針をはずしたほうが安全です。

サーフでも場所によっては、アナゴの小さいのが釣れて仕掛けをグチャグチャにしてしまうのでこの場所はかなりいいポイントだと思います。当たり引きを楽しみたいのならやっぱ、クロダイ、ヘダイ、キビレが一番楽しめると思いますのでサーフ砂浜のエサ投げ釣りチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク