【大潮】浜名湖にエサ投げ釣り キビレだらけ!弁天島周辺

今日はひさびさに浜名湖に釣りにいってきました。先週も知多方面に釣りにいったものの、ボウズで2017年になってからまともに魚を釣っていない状況が続いていました。冬は釣果が期待できないのでできるだけ、釣果が出そうな知多半島に行くも、ボウズ・・・記事に書いてないだけで、年が明けてからは知多半島ばかりいっていました。

こんなにボウズが続くともう少し暖かくなってから4月まで釣りはやめようと思っていましたが、浜松に行く事があったのでウズウズして浜名湖に様子を見にいくことに!昨日買ったルアー用品のガルプなどもあるので、試しにルアーをやろうと思っていきました。とりあえず新居海釣り公園の様子を見にいき、T字堤防のいいポイントに入れればと思ってましたが無理でした。
結局場所を変更して弁天島海浜公園付近で釣りをしました。

浜名湖の状況とエサ仕掛け

夕方の画像なので、曇っているように見えますが天気は晴れで波はなし。浜名湖は波を気にすることなく釣りができます!風速はほぼ無風くらいの風で今日は大潮!期待は高まります!冬とは思えないくらい浜名湖の各釣りポイントには人がいたのでそれだけ釣果でる?

竿はいつものちょい投げ釣り用とシーバスロッドの竿で、エサは前回の釣りの時余った青イソメ太いのを使用。チョイ投げの竿は天秤12号にセイゴ針2本仕掛け、本当は昨日買ったガルプと虫ヘッドを使うつもりで釣りを始めます。釣果でガルプと虫ヘッドを使わなかった理由があきらかに!

浜名湖での釣果!キビレだらけ


エアポンプのバケツにはキビレ

今日の釣果は、ビックリするくらいキビレが釣れました。18~25センチくらいのキビレを10匹以上で、サイズ的には小さいですが夏かと思うくらいの釣果結果!浜名湖どこのポイントも人が多いわけがわかったような気がします。

時間帯はだいたい2時間半くらいで、ガルプを使わなかった訳は1本目の竿に仕掛けエサをつけてちょい投げしてさてシーバスロッドのほうも準備するかと1分もたたずに竿がビクンビクンと揺れました。あれ?潮の流れが早いから藻にでも引っかかったかなと思ってリールを巻くとヒット!ひさしぶりの魚だと思って引きを楽しみながら陸にぶち上げます(タモはボウズが続いていたので用意していませんでした)。キビレゲット!今日は運がいいなと思ってまたエサをつけてちょい投げして、ガルプの準備をしようとするとまた竿がビクンビクン!2匹目も投げて1分くらいでキビレが釣れたので、今日はシーバスロッドもエサちょい投げ仕掛けに変更しました。今思うと「虫ヘッド」でもよかったと思います。

全部同じ画像に見えますが全部違うキビレで最初の5匹目くらいまでは写真に撮りましたが、次から次にキビレが釣れるので釣るのに必死になり撮るのをやめました。結局10匹以上釣れましたが、一番大きい1匹だけを持ち帰り全部リリースしました。バケツにエアポンプを入れてやると魚も元気を保ってリリースできるのでおすすめです!ちなみに周りの釣り人も結構何か釣れている様子で、今日釣ったポイントでは投げと浮き釣りの人が多かったです。

年が明けてからこんなに魚が釣れたのは初めてで、小さくてもキビレの当たりと引きは中々のもので充分楽しめた一日でした。大潮の浜名湖は潮の流れが速い?どうかなと思っていましたが、キビレフィーバーできてかなりおすすめです。冬でもこんなに釣れるのは浜名湖ならでは?ちょっと驚きました。夏の浜名湖は場所を間違えるとゴンズイフィーバーすることあるのでポイントは大事です!

今日思ったことは、釣り場所が広くてどこでやるか決めてない時は色々ポイントをまわって釣っている人の様子を見ると釣果に繋がる感じがします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク