海釣り・サーフでカレイ釣り エサは青イソメ

今年もあとわずか、冬の本番を前にサーフに投げ釣りにいってきました。画像を見ればわかるように11月といえばカレイ釣り!サーフ砂場には多くのエサ投げ釣りやルアーの人たちで混み合っています。夏からかなり好調な釣果を上げているいつものサーフにいきましたが、やはり冬なので釣りをするには防寒装備が必要になってきました。冬は釣果がかなり落ち、釣りたい魚を狙ってもボウズは多くなってきます。いかにいいポイントで釣るかが重要で、釣果が出ているのを探していくことをおすすめします。釣り経験が長い人は季節によってどこのポイントで何が釣れるかわかっていると思うので、情報を聞くのもいいとおもいます。一番いいのはよく行く釣り道具屋を決めて、店主などに情報を聞くのがいいと思います、自分も行くポイントによって釣り道具屋をわけているので釣果につながっているかもしれません。

そろそろガシラ系、カサゴ、メバル、アイナメなども釣れ始めるのでテトラポイントと迷いましたが、今年はまだカレイを釣っていなかったのでサーフにいくことにしました。チェーン店の釣り道具屋には冬のはじまりにもかかわらず相変わらず客で混雑していましたが、カレイ狙いの人も多かったと思います。夏のチェーン店はエサを朝一くらいにいかないと赤ジャムシなど人気のあるエサはすぐになくなっていましたが、冬は比較的時間帯関係なく選べるのでその点はいいと思います。

 砂浜サーフ海の状況とカレイ狙いのエサ仕掛け

海の状況は波は多少ありますが、濁りなどはないです。風速は2mで冬は風が強いイメージありますが、晴れているので防寒していれば少し暑いくらいでした。エサは青イソメ太いのを千円分で勝負。カレイ狙いにはもってこいのエサで過去にこれで何枚か釣れています。潮は中潮からの小潮だったと思います。竿はサーフ用を2本でジェット天秤にカレイ仕掛け2本針で青イソメをふさがけでつけて投げます。自分は投げる距離はその時で違いますが、だいたい20mくらい?の地点に左右絡まないように少し離して投げています。 カレイ仕掛けの特徴はキラキラ系のエッグボウルがついてるので目立つ仕掛けが釣果につながるのかと自分では考えています。投げて後は待つだけの単純な釣りですが、竿に当たりが来ても少し待ってからリールを巻くのが基本な釣り方なので初心者の方でも簡単に釣ることができます。

投げ釣りで竿を置く場合に使う竿立て三脚型はできるだけ高さ調整できるのを使う事をおすすめします。自分は買いなおしたのでポイントによって場所にあった高さで竿をおけるのでいいです。竿立てのフックにはだいたいの人が水バケツをぶら下げるの特徴?エサをぶっこみする人はだいたい見る光景です。

 砂浜サーフでの釣果

ポイントについてどこに入ろうかと見ているときに目の前のルアーの人がカレイを釣っていたので今日はいけそうな感じしました。今日もだいたい5時間くらいの釣りでしたが、なんとかカレイ2枚をゲット!大きさは30センチと25センチくらいで自分的には満足した結果です。投げて待っている間にハンバーガーを食べていた時の当たりで、竿が大きく揺れてこれは来たという確信がありました。引きはほぼないので何か藻かゴミでもついてる?くらいの感じでリールを巻いていきました。水面から出たのはカレイで喜びます!エイも時々釣れるので、竿が大きく揺れる所は同じでも引きが全然違いかなり引きが強いので、見る人が見れば竿の揺れ方だけで判断できると思います。 最初は砂だけのポイントでやっていましたが、何もこなかったのと一番良いポイントの岩が並んでる場所があいたので移動しました。何故か他の魚は全く食いつかなかったので、カレイ仕掛けの針が特徴的なのかもしれません。ヘダイも釣れるかなと思ってましたが、当たりはなかったです。

ちなみにカレイは煮付けで食べましたが最高です!今の時期はカレイ狙えるので潮と風速を見てエサ投げ釣りチャレンジしてみてはどうでしょうか。サーフだけではなく漁港の堤防などでも下地が砂ならかけ上がりポイントで充分狙えると思います。今年は座布団級を目指してみます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク