衣浦トンネル・半田緑地公園側で釣りした結果

4月ももう中旬、だいぶ暖かくなってきたというよりすでに暑い日が続いています。最近ずっと浜名湖にいっていましたが、そろそろ知多半島方面でも魚の活性がよくなってきたか調査しに半田市にある衣浦トンネルの上(半田緑地公園)に釣りにいってきました。 衣浦トンネルの上にあたる釣り場は、半田緑地側と碧南緑地側が2つあり、それぞれ釣れる魚が違っていて自分的には半田緑地公園側のほうが大物が釣れるイメージがあります。特に落とし込みでクロダイ釣りが有名な場所で、時期によってはバチヌケでシーバスなどが狙えるポイントです。

浜名湖にいって確実に釣果を出すのも楽しいですが、水温が上がってくれば知多半島や三河方面でも釣果出るのでチャレンジ精神で釣りをしました。

衣浦トンネル半田側の海の状況とエサ仕掛け

今日はエサは青イソメ太いにちょい投げの2本針仕掛けと胴突き仕掛け、2本の竿(ちょい投げ用とシーバスロッド)を出しました。ちなみに釣り道具屋でルアー用品も見ていて目に止まった虫ヘッドの針が太い10g!以前購入したものは3gなのでこれならよく飛びそうだなと思い購入しました。一度もまだ虫ヘッドをまともに使っていませんが、リールをどれにするか決めてないので虫ヘッドの出番はリールを買ってから使うつもりです。

海の状況はとても穏やかで荒れていませんが、少し風がありました。多少風があっても遠投するわけではないので釣りに影響はないです。衣浦トンネルの半田緑地側は釣り人が結構いましたが、すでに落とし込みをしているクロダイ釣り師がちらほらいたのでそろそろ狙える?

半田緑地側の一番人気ポイントは干潮になると石積みが現れる、コンクリの壁が高い所(直線状)です。壁が高いので少し釣りにくいですが、石積みの下付近に胴突き仕掛けを落としてちょい投げで勝負しました。

衣浦トンネル半田での釣果

2時間半くらい釣りをして完全にボウズでした。。。周りの釣り人も誰も釣れてない状況で、半田緑地側を選んだのが失敗でした。碧南緑地側のほうがまだ根魚(カサゴなど)釣れたかもしれません。 釣り人が多いからといって釣果に繋がらないのがよくわかる状況で、エサすら取られないのでたいくつな釣りでした。 でもすでにクロダイ狙いの落とし込み釣りをやる人達がいるのには驚きました。
完全にボウズだったので記事にしようか迷いましたが、これから衣浦トンネル・半田緑地側で釣りをする人の為に参考になればと思い書きました。たまに明日はどこに釣りにいこうと前の日に記事を書いて、次の日に記事がないのは完全なボウズだったのを察してください!

今使っているシーバスロッドについているリール、釣り道具屋の安いリールで3年くらい使っていると思います。PE2号が巻いてあり、力糸(リーダー)はなくすでに2年使用していて少し糸がふやけている状況。これでも浜名湖でキビレの25センチクラスをぶち上げれるのでPEラインの強さはすごいと思います。早くリールを決めないと本格的にルアー、ワームなど始めれないので色々と迷います・・・無メーカーの安い3000番辺りを買おうかな~もしリールのアドバイスなどあれば教えてください。

早くエギやガルプを使ってみたいです。ちなみに今日のボウズで明日は浜名湖に行く事を決意しました!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. りゅう より:

    リールですが、イシグロや遊や天狗堂などに行って、中古を実際に手に取って選ぶのが一番ですよ。
    特に見た目がキズだらけで汚いものは、高性能でも安く売ってるので、色々と周って探してみてください♪

  2. MORITA より:

     僕も去年(2017)ここで釣りをしたけどやはりボウズでした。