エサ投げ釣りでマゴチ60センチ超え釣る!防波堤の海釣り

海釣りをして初めてマゴチを釣りました!しかも大きさは60センチ超え!

・今日の釣りポイントは夏によくいく大きな漁港の防波堤の堤防に投げ釣りにいきました。去年はキビレのいいサイズが釣れた場所で、クロダイやスズキなど大物が狙えるポイントです。防波堤なので海側でも漁港側に投げても水深がかなり深い為、自分としてはいい釣りポイントだと思います。釣れる魚がどちらに投げても変わってくるので、魚種は豊富です。
夏のシーズン真っ只中、釣れる魚種が豊富で夏に釣りにいかなくていついくの?時期を逃すと釣れなくなる魚がいるので、釣りが趣味な人は夏の行動が多いんじゃないでしょうか。家族連れファミリーで釣りをするなら防波堤の堤防は柵がないため、危険でおすすめできませんが釣りで大物狙いなら大きな漁港の防波堤は経験上から釣果でます。
※ライフジャケットは必ず着用

防波堤の海の状況とエサ仕掛けなど

・海側の波は若干台風の影響か荒れている様子で、夜になるにつれて穏やかな状態になってました。漁港側は防波堤のためか、波はありませんが若干風(2mくらい?)が強く感じ遠投はそれほどできません。エサは漁港の近場にある釣り道具屋で、青イソメ太いのと赤ジャムシを購入しました。

竿はサーフ用の長いの2本でちょい投げ用のジェット天秤18号にセイゴ用の針2本仕掛けとナス錘(中通し)20号にクロダイ用の1本針でぶっこみ仕掛けで勝負しました。ぶっこみ仕掛けは大物を釣る時に適していますが、エサ釣りの場合大きなエイがたまにかかるため困ったものです。この場所で座布団級のエイを何匹か釣れて仕掛けもろとも切った経験あるので、こればかりはどうしようもありません・・・

釣り始めた場所は画像の場所で本当は防波堤の先端付近に行きたかったのですが、先客がいて入るスペースがありませんでした。夜になると先客が帰りはじめ、急いで先端付近に

漁港での釣果は?

ヘダイ15センチとキス20センチ

アナゴ40センチ超え

・今日は夕方から夜釣りということで、5時間くらい釣りをしました。釣果は時期がいいせいか、明るい時間帯に漁港側のちょい投げ仕掛けでキスやヘダイ1匹ずつと夜になりアナゴ40センチ超えと30センチくらいのが釣れました。そしてトップ画像にあるマゴチ60センチ超えが海側のぶっこみ仕掛けで釣れました。画像でわかるように、バケツが魚でパンパンな状態!エアポンプを入れていますがマゴチははみだしちゃってます。

ちなみに初めてマゴチを釣りましたが、20時くらいにアナゴが釣れて潮の流れが下げに変わり少したったくらいに当たりました。海側は砂地になっていると思いますが、まさかマゴチが釣れるとは思わなく竿の揺れ方があきらかに大物が来た時のようにしなりもしかしてエイ?と思いながらかなり重い感じでリールを必死で巻きました。
やっとのおもいでたぐり寄せ海面のマゴチを見てエイじゃない!?海面から防波堤の高さは約2mくらいありましたが、タモを持ってこなかったので、PEラインを慎重に手で巻きながら防波堤に着地しました。その時はいつ仕掛けが切れるかでドキドキ感がすごかったです。マゴチが陸についたと同時に針が外れ急いで軍手でつかみバケツに入れましたが、もう少しで海に逃げる所でした!

マゴチを釣ったエサは赤ジャムシでぶっこみ仕掛けですがフルスイングで投げていました、アナゴとキスやヘダイは青イソメでちょい投げ程度で釣れました。ゴンジイという触ると危険な魚も釣れましたが、マゴチバサミでリリース。今日は釣りをしてひさしぶりに興奮、防波堤のぶっこみ釣り初心者でも大物が釣れるのでやってみてはどうですか?楽しいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク