2017年大物釣果結果!今年は浜名湖が好調だった

2017年今年釣った大物釣果結果を報告!

今年は激闘の一年で、新しい釣り仕掛けやルアーを始めた年でもありました。今までは、投げ釣りがメインでたまに浮き釣りという初心者のスタンダート的な釣り方をしてきたなか、ロッドを買った事で一変!ロッド中心に釣りに行く事が多くなり、生きエサだけではなく擬似エサのパワーイソメやワームを使用するようにもなりました。ルアーをはじめたきっかけは、ヒラメやアオリイカを釣りたいと思ったのがきっかけで実際は釣果はありませんでしたが新たな発見を色々と経験でき釣りを楽しめたのではないかと思っています。特に竿が折れて自作で直したことから、竿ケースが飾りではなかったことなども学び成長できたのではないかと思います。

今年一番ためになったのはリールにPEラインの巻き方!これは飛距離にも繋がることがわかり、今までは適当に巻いていて飛距離があまり出ませんでしたがスプールにツライチにすることで断然飛距離の違いを実感しました。

それではさっそく今年の大物釣果結果を紹介していきたいと思います。

2017年大物釣果記録

去年の大物釣果第一位は新舞子マリンパークで釣ったマダカ約65センチで、今年釣った中で一番大きな魚はサメでした!30センチくらいのサメなら他でも釣ったことがありますが、ここまで大きいのは初めて!

はっきりいって引きは強烈で、電池があまりないヘッドライトで水面を照らしてマダカかと思い引き上げたらサメという結果!釣り旅最終日での出来事で、その他にも初となるクロダイをブッコミ仕掛けで釣り中々の釣果が出た旅でした。

これが初のクロダイ!約30センチないくらい。

その他にも今年は春にいった浜名湖が好調で、キビレを連発で釣り!70センチ越えのマダカも釣りそこねたものの(仕掛けが切れた)、海釣り公園では小型なタコを多数釣ったりと魚種的には比較的多く釣ったと思います。

セイゴは約40センチが今年最高記録。キビレ、ヘダイ、クロダイ並みに引きを楽しめ陸に取り込む時もこれくらいのサイズになってくると結構大変でした。

今年はマゴチやカレイ、イシモチの釣果はありませんでしたが、サビキ釣りでアジ、サバ、サッパ、イワシなどを釣り小物釣りも楽しいものだと実感でき「アミ姫」が大活躍!今までは、小魚はあまり興味がなく常に大物を求めていて原点に返ってハゼ釣りやサビキ釣りも中々いいものだと思います。秋にサビキ釣りが面白くなり、アミエビブロックとアミ姫をそれぞれ複数買い今だに冷蔵庫に保管されているので、冬でもチャンスがあれば使ってみたいです。

夏には擬似エサ「パワーイソメ」を半信半疑で使ってみて、ヘダイの大量釣果できたので生きエサではなくても釣れることを実感しました。ただし今の所、ワームはまだ釣果が出ていないのでまた根魚が狙えそうな場所に行った時に試してみたいと思っています。

今年一年間の釣果を振り返ってみて一番うれしかったのはやはりクロダイを釣ったことで、30センチ以上の魚は多くないものの魚種は豊富だったのではないかと思います。その分釣り場ポイントによってはボウズも多い結果でしたが、釣り場にいる釣り人の様子を見て状況を判断するのも大事に思いました。

来年はブログをリニューアル

来年からブログをリニューアルしたいと思っていて、見易さの改善とこれから釣り動画を作ってみたい人にも参考になるような動画の作り方の記事も取り入れていきたいと考えています。

残る所2017年も後1日、年末からはじめたyoutube動画投稿もおいおいとやっていくので、初心者釣果ブログと一緒に「釣りロマンス」のほうも来年もよろしくお願いします。

皆さんよいお年を!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク