2019年大物釣果記録!ショアジギングで初釣果を出す

スポンサーリンク

2019年度も残りわずかになってきたので、毎年恒例になっている釣りをした結果として大物釣果記録を伝えたいと思います。今年はエサ釣りよりもルアーがメインとなっていて、中でもショアジギングでの釣行が一番多い年となりました。釣果を見ると、エサ釣りをほとんどしなかった事から、例年よりも魚に触れる機会は極端に減ったものの、今まで釣り上げたことがなかった魚も釣れたりと釣果は少ないながらも楽しめた一年でもありました。

2019年はどんな釣果があったのか、釣れた時の状況を踏まえて記録を振り返ってみましょう~

2019年の釣果

今年のメインとなっていたルアーに関しては、キャストすらままならない状態から普通にジグを投げる事もでき、オーバーヘッドキャストが炸裂した時は飛距離が格段に出るようになったのは「努力のたまもの」にも感じ、夢でもある青物を釣り上げる事に成功!

カンパチを釣り上げる

ワンチャン狙いからはじまったショアジギング釣行の渥美半島表浜で釣れたのがカンパチの子供(青物)35センチくらいで、キャストはできるようになったもののロッドの動かし方「アクション」を全くしない状態で釣れたのには驚きました。投げていたメタルジグは定番のジグパラで、ヒットした時の状況はキャストして着底してからの少し巻いた時に当たったことから、ボトム中層くらいに魚がいたように感じます。

アマゾンでジグパラを見る

ジグパラはこの次の釣行でも同じように魚をヒットさせていて、それがたまたま運が良かったのかジグの色に反応したのかはまだ釣果が少ないのでわかりませんが、ただ巻きでもこのように魚がいれば釣れることがわかったので、ショアジギングは初心者でも飛距離さえ出れば十分ワンチャンあるように思いました。ただヒットさせて釣りあげるまでが本当の釣果!実際は2回とも魚に逃げられてしまったので、釣った後の対処も重要に思った釣行でした。

そしてエサ釣りでは、過去最高記録のヘダイを釣り上げる事に成功!

大型ヘダイを釣りあげる

この日は渥美半島の表浜側でショアジギング釣行をする予定でいて、少し早めに到着したことからジギングをする前に少しエサ釣りをしていた時に釣れたのが30センチ超えのヘダイ!サイズだけにとにかく引きがすごく、最初は何が釣れたのかわからなくラインが切れないかギリギリの駆け引きをしながら引き上げてビックリ。キビレやクロダイは30センチクラスは釣ったことはあるものの、ここまで大きなヘダイが釣れたのは初だったので驚きました。

2019年はいつもよりもヘダイシーズンが遅れていたことから、異変を感じながらエサ釣りをしていた時の釣果で、仕掛けはブッコミ釣りのスタンダードな釣り方。リールのラインを新品にしたことにより飛距離が結構出ていたのも大型サイズに繋がったと思っていて、これからヘダイ狙いの時は飛距離重視でチャレンジしていきたいと思います。

こんな感じで、2019年は大型釣果記録のノミネート魚は2匹と少ない釣果でした。おそらくエサ釣りをメインでやっていた場合は、もっとノミネート魚は増えていたと思いますが、夢を追い求めての釣りはロマンがあるので、これからもショアジギングとエサ釣りをうまく併用させて釣果を出していきたいです。

2019年の釣りを振り返ってみて

2019年の釣りを振り返ると、エサ釣りでは毎年と変わらない釣り方をしていましたが、ルアー初心者のショアジギングのほうでは、キャストがうまくなった事が一番大きく、後はアクションの練習が必要に感じました。youtube動画のほうでもアドバイスをもらった青物狙いのワンピッチジャークを練習してマスターしたいと思っていて、運だけでなく実力の方も身につけてショアジギング釣行を続けていきます。

運要素もかなりあるショアジギング!とにかく来年こそは夢でもある青物とヒラメを釣り上げて、最終目的の釣った魚を食べる所までいきたいので、また色々な釣り場にいってチャレンジして釣果を出した時は、ブログとyoutube動画のほうで伝えていきたいと思っています。

それでは良い釣りライフを!(締める時に困ったら使う言葉

コメント