2016年 大物釣果結果 エサ投げ釣り

2016年も後わずか、12月は風が強い日が多く釣りに全然いけていません。そこで今日は年末なのでエサ投げ釣り初心者が今年釣った魚の中から大物を紹介しようと思います。自分はエサ投げ釣り専門で、釣り場所は漁港、防波堤、テトラポッド、サーフ、海釣り公園など定番の場所が多い中で陸から投げてどれくらいのサイズの魚を釣ったのか振り返るとともに参考にしていただけたらと思っています。

釣果が出ているのはやはり夏から秋が一番釣れたと思います。行く場所によっては事前にどんな魚が釣れるのか調べていっていましたが、予想外な場所で釣れたりと海釣りは奥が深いなと感じました。
生まれて初めてマゴチを釣ったことなど思い返すと色々な経験をして、釣り方など学んだように思います。

今年釣った大物釣果記録

生まれて初めて釣ったマゴチ、漁港の防波堤で釣りました。タモを持っていなかったので水面から陸に上げるまでがハラハラドキドキで、PEラインを丁寧に手で引き上げてなんとか釣った60センチくらいのサイズです。エサは赤ジャムシでぶっこみ釣りで当たりました。

60~70センチのスズキ、海釣り公園の人気の先端がたまたま空いていて投げ釣りで釣った大物です。たぶん大きさでいうと自分が釣った魚の中で一番大きいと思います。この時もタモを持っていなくラインが切れないか慎重に手で引き上げてなんとか陸に上げました。タモを持っていないときに大物が釣れる法則かな?リリースしましたが、引きもすごかったのを覚えています。

80センチくらいあるアナゴ、サーフの夜投げ釣りで釣りました。ここは前から夜にエサ投げ釣りをするとアナゴが釣れるのを発見してまさかこんな大きなのがいるとは思ってもいませんでした。漁港や防波堤ではよくアナゴが釣れますがサーフで釣れるのは珍しい?かなり自分的には気に入っている釣りポイントです。

他にもヘダイやキビレ、ニベ?イシモチ?区別がわかりませんが、サーフ砂浜で鉄板のポイントもあり多くの魚を釣った一年でした。でも今年はキスが全然釣れなかったように感じます。海釣りなので自然が相手だと潮や海の荒れ状況などによっても釣果が全然違ったと思いますが、自分の中では大潮の次の日の中潮が一番釣果が出たと思います。冬のエサ釣りはガシラ系のカサゴ、メバル、アイナメなどが狙えますが数は全然釣れない状況でした。エサはほぼ青イソメの太いのと赤ジャムシで投げ釣りをしましたが、やっぱ少し値段が高い赤ジャムシのほうがよく釣れたと思います。

2017年の抱負

来年はルアーにもチャレンジできたらいいと思っていますが、クロダイ狙いもしてみようかと思います。春からが本番になる海釣りですが、冬にもできるだけいける時はエサ投げ釣りいきたいです。初心者でも運と状況次第で大物釣れるのでこれから釣りを始める人も楽しんでみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク