釣り合宿④伊良湖の西浜で投げ釣り!伊良湖港でアオリイカの墨跡発見!

昨夜の深夜に大物釣果を記録しましたが、ジャンルが少し違う為釣ったというよりもかかったという表現が正しいかもしれません。とりあえず都市伝説だと思っていたブッコミ仕掛けでクロダイが釣れたので満足でした。

次の日は渥美半島の伊良湖方面に釣り予定で、浜松市街地からも道はいいものの距離があるので微妙に眠くなりながら向かいました。向かう道中に釣具屋によってエサの補充をしてからまずいった場所が表浜!キスやキビレ、イシモチがエサ投げ釣りできるサーフにはルアーマンがシーバスかヒラメ狙い(もしかしたら青物狙い)が数人いる状況でした。もっと人が多いと思っていたものの少し風があったのでそのせいかもしれません。上の画像では左上に数人いるのが確認できます。

そして次にいったのが、伊良湖の先端にある伊良湖港!とある堤防(画像がないのは察してください)を見学しにいった所、黒い墨跡を確認しました。先端の赤灯台まではいきませんでしたが、エギを投げている人が多く、墨跡も所々についていたので、アオリイカ釣果出ているように見えました。エギを持っていたので、とある堤防(防波堤?)でアオリイカ狙いしてもよかったですがそうすると記事にできないので却下しました。一応自分的にはルールは守って釣りをしているつもりです。

次にいったのが西浜、ここもサーフでキスなどが狙える所で釣り初心者や家族連れでにぎわう場所です。この日は何故か砂浜側よりも石畳がある側に釣り人が多くいました。表浜が風が強いとこちらに避難してくる人が多い印象でしたが、少し見学していると結構な確立で魚を釣っている状況でした。自分的には表浜か西浜で釣りをする予定だったので、釣果が出ている西浜に決定!

西浜でエサ投げ釣り

エサや仕掛け
道中によった釣具屋のエサは青イソメと赤ジャムシですごく元気がよく、パワーイソメは前の日に買ったもの、もしものエサ切れ用ですが、ここで気づいたことはパワーイソメ同じ物を持っていた!釣り道具箱には他にも同じ物などダブルことがあるので一度整理して見やすくしようと思いました。ちなみにエサ箱持参でエサを買う件ですが、前日に使ったエサ箱を洗っていなかったので持参するのをやめました。理由はエサ箱をよく洗わないとそのまま新しいエサを入れると寿命が変わってくるからです。

竿や仕掛けは、投げが主な釣り方になるので、竿はサーフ用にジェット天秤+セイゴ針2本仕掛けを置き竿にして、シーバスロッドにはシンカー+セイゴ針1本で赤ジャムシを優先的に使っていきました。これもエサが余った時の寿命を考えています。

サーフ釣り開始!

軽そうなシンカーに見えますが、結構飛距離が出てだいたい20~30mは普通に飛びます。投げては巻いての繰り返しをしましたが、昨夜の疲れと右腕が結構痛く時々シーバスロッドも置き竿にして様子をみました。隣にはカップルがいたので様子を見ていると自分はまだ何も釣れていないのに結構なペースで魚を釣り上げている状況でした。魚はヘダイのような小魚に見え投げている場所も石畳からほんの少し(5mくらい)の距離で釣れていたので遠くに投げても釣れなく自分も少し(10mくらい)投げるようにしました。

西浜での釣果は?

だいたい釣り時間は3時間くらいで15~20センチ少し越えのヘダイがこれでもかという釣果結果でした。釣れた魚はほぼヘダイで25センチくらいあれば持って帰りましたが、全部リリース。隣のカップルはリーバスしていなかったので、持ち帰りだと思いますがどういう料理をするのか気になりました。自分的にはヘダイは煮付け、焼いてもおいしいと思うのでおすすめな魚です。
釣り・浜名湖・伊良湖西浜15
置き竿のほうも、シーバスロッドどちらも釣れる状態で、夕方に近づくにつれて釣果が上がってきたのでヘダイ釣りたいなら西浜今がチャンスかもしれません。針は結構大きいのを使用してもヘダイだけで15匹以上は釣れて、西浜にはヘダイしかいないんじゃないかと思うくらいでした。

途中あまりにも釣れるので、青イソメ、赤ジャムシからパワーイソメにチェンジ!前から擬似エサのパワーイソメで本当に釣れるのか試したかったのもあります。ちなみにパワーイソメはフルーティなピーチの香り!注意として袋の開け方を良く見てください!ツマミがありそれを横に引くタイプで、自分はよく見ずに強引に開けたのでチャック式がダメになってしまいました。

パワーイソメを初めて使ってみましたが、普通に生きエサのように釣れました。投げては少し巻いているとピクピクとパワーイソメをつついている様子が多かったので、エサとして充分使えると思いました。

パワーイソメの釣果は少ししか試しませんでしたが、ヘダイ3匹釣れたのでもし釣り初心者で青イソメに触れない人や、生きエサの予備として、生きエサとは違い長期保存出来る点はとてもいいと思いました。

夕方前で釣りを終えて合宿は終了!今回の釣り旅はなかなかの釣果でリリースした魚がほとんででしたが、充分釣りを楽しめました。釣り合宿の最終ポイントでこれだけたくさんの魚が釣れて前から試したかったこともできたので釣り合宿をしていい経験ができたと思います。

帰りはかなり疲れていたのでどこも釣り場によらずそのまま家に直行して爆睡。夏はあまり釣果が出なかったのでその分を取り返した感じがして、また釣り旅(合宿)をしてみたいと思うのと、今度はヘッドライトの電池だけは忘れないように気をつけたいです。

今回から釣った魚をリアルタイムでツイッターにあげたので、もし釣果など気になる人はフォロー気軽にしてください!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. りゅう より:

    お! 西の浜でヘダイ釣れ出しましたか! これは今度自分も行ってみようかな。遠くではなく、ほんの5~10m投げるだけというのは、とても貴重な情報でした。(^^;
    擬似エサ、自分はブッコミ釣りで一度使ってあまり釣れず、結局、ハリスの上に数本付けた上で、ハリには本物の青虫を付けるというやり方で使い切りました。で、以降買ったことないんですが、ブッコんで放置せず、動かして誘ってやれば、活きエサ並みの釣果は出るかもね。
    ナカナカ参考になりました!

  2. よう より:

    ヘダイの顔おもろい( ・∇・)
    自分もつっくんとおなじでシンカーつけてキャロライナリグでハゼ釣りしてます!
    やっぱパワーイソメ活きエサよりか釣れないけど餌がない時に重宝しますね!

  3. 管理人つっくん より:

    西の浜の石畳側が調子よかったです。自分は最初遠投していましたが、全く釣れなく手前に落としたら急に釣れだしたのでもし行く際は試してみてください。もしかしたら浮き釣りでもヘダイ狙えるかもしれません。後、伊良湖港はアオリイカまた釣れているようでした。
    自分は引きずる釣り方で、パワーイソメ中をセイゴ針1つに2匹つけていましたがなかなかいいですよ!夜はわかりませんが、明るい時間だと釣れました。

  4. 管理人つっくん より:

    キビレやクロダイは鋭い顔つきですが、ヘダイは優しそうな表情をしているように見えました。
    シンカーはテキサスリグよりもキャロライナリグのほうが釣れるので、最近はシンカーにかなりはまってしまいました。原点はジェット天秤の投げ仕掛けとほぼ同じようなものですが、魚影が濃いところだと効果が高い感じがします。
    パワーイソメ使ってみて本当に釣れたので、今後も予備として持って釣りにいくことにしますよ。

  5. 管理人つっくん より:

    メッセージ見ました。ツイッターのアカウント作ってみてはどうですか?PCでもタブレットでもスマホでも簡単に作れますよ。