2019年の目標はキャンプをして釣り!今年の抱負

2019年も始まってもうすでに1月が終りかけている中、釣りにたいする抱負を備忘録的に書いてみようと思います。去年はとりあえず抱負というよりも挑戦が多く、ルアーを本格的にはじめて魚(特にヒラメ)を釣るというのが目標でしたが、あっという間に一年が過ぎてしまい結果的には何も達成できなかったようにも感じます。そこで今年はちゃんとした抱負をたててどれだけ実現できるのか、年末に見た時に達成感を得る為にも書いてみます。

2019年の抱負

2019年の抱負目標!

  • キャンプをしながら釣りをする
  • ルアーで青物やヒラメを釣る
  • エサ釣りで大物を狙う

今年の目標は3点!ルアーで青物やヒラメを釣る事は去年からと同じ内容となっていますが、新たに加わったのがキャンプをしながら釣りをする。

今年はアウトドア風に釣りを楽しむ!

実はすでに色々な物を購入していて、釣りとキャンプをコラボして色々な釣り場に行って見たいと思っています。毎年夏の恒例にもなっている釣り合宿ではただ車中泊するだけという簡単なものでしたが、アウトドアを極める為にも釣りをしながらキャンプをするのが抱負の1つ!

何故キャンプなのか?

夏になると知多半島や渥美半島の砂浜でキャンプしている人(毎年必ず釣り場などでも見る)を見たことが大きく、釣った魚を料理してテントで寝る自給自足的な感じをあじわってみたかったのもあり、そこに最大のロマンを感じたから!まあ挑戦的な感じで、アウトドアの頂点でもあるキャンプをしてみたいと思っています。

でも少し調べてみると実際キャンプができる場所というのは限られていて、釣り場でテントを張り火を使う行為が許される場所がそうそうない事から、別の場所でキャンプをして釣り場に行くという感じになるかもしれません。遠征も視野に入れて、キャンプと釣り場が併設しているような所を探すのが結構大変な気もしますが、出来れば釣り場でテントを張って料理をしたいですね。

すでに購入しているキャンプ用具!

【寝る時用】

主にテントで寝る時用に揃えたのが、寝袋シュラフ、スウェット、枕で、寝袋に関してはアマゾンでかなり迷いながら購入!種類がとにかく多く、コスパが良さそうな物の中から気温重視して冬にも対応している寝袋「LICLI封筒型シュラフ」を選びました。スウェットジャージは私服で寝てもいいものの、車中泊をした時に楽な服で寝たいと思った事からで、そのまま釣りをしても大丈夫そうな物を選びました。枕はダイソーに行ったときに目についた物で、寝袋だけで枕がないと寝れない可能性があり必要に感じたからです。

【キッチン用】

ただテントで寝るだけでなく、ちょっとした料理を作って食べる!アウトドアの醍醐味でもキャンプといったら料理で、簡単な料理ができる小型ガスコンロ「Raitverコンパクトバーナー」、風避けウインドスクリーン、テーブルなどを購入しました。画像の物の他には100均のダイソーで紙のお皿やコップ、ナイフフォークなど多数用意しましたが、やはりダイソーはアウトドアにはかかせないと実感。鍋はフライパン代わりにも使っていくつもりで、1つあればこれだけで色々な料理ができそうです。

ちなみにアルミテーブルはアマゾンで見ていましたが、どうもしっくりと来る物がなくトライアル(ホームセンター)のアウトドアコーナーで売っていたテーブルをチョイスしました。サイズと高さがかなりGJだったので、もし同じようにキャンプを始めようと思っている人にはかなりおすすめ(実物が飾ってあるので確認できる)です。

またダイソーにはこんな物も100円で売っていて、保温アルミシートはスポンジ間はありませんが、根袋の下に敷いて寒さ対策になればと思い選んでみました。テントさえあればこれでキャンプは出来る準備が整っていて、後は肝心なテントをどれに(テントは形と色、種類がある)するか今の所かなり迷っています。テントは値段もピンキリなので出来ればコスパ良く購入してお得感を出したいので、慎重に選んで後悔しないように選びたいですね。

着々と進んでいるアウトドアを極めるキャンプ計画!今年の抱負のメインはショアジギングで青物やヒラメの釣りですが、それと併用してキャンプも楽しみながらアウトドア感をブログで伝えて行こうと思っています。目標を達成するには行動力あるのみを精神に、今年も色々な釣り場で釣果を出していきたいです。

とりあえずキャンプはいきなり現場で実践すると、テントがうまく張れなかったりする場合が考えられることから、少し暖かくなったらキャンプ場で練習してその様子を動画で伝えたいと思っています。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク