【ジグサビキ用】ダイソージグをネイルコートで保護作業!全部100均

ずっと雨が続いていてせっかくの大潮、中潮に釣りにいけない!今日は、台風接近につき以前から作業をしたかったメタルジグの上にコートを塗ってみました。釣り好きな人ならこういう雨の日はどうやって過ごしているのか気になりますが、こういう日だからこそ普段できない事をして次の釣りにそなえるのも有りだと実感した日でもあります。

作業内容は、ダイソーのメタルジグ+エギ(おまけ)の表面にネイルで使うトップコートを塗る誰でもできる簡単な事です。自分がダイソーのメタルジグを購入したきっかけはジグサビキ(※ジグサビキとは?サビキ仕掛けの下にメタルジグを付けてアジやサバなど釣るこませを使わない釣りの仕方)で使用する為で、高いメタルジグを使うと根がかりなどロストした時に気持ちを少しでもやわらげることができるから!自分の経験上高いルアー用品(メタルジグの値段はだいたい1つ約千円くらいでそれ以上も!マクドナルドのハンバーガで例えると月見バーガー単品3つ分!)をロストした時、ショックで少し凹む事があるので100均で購入できるものだと気分的に確実に違います。

メタルジグの表面をコートする理由

ジグは何度も使うとジグの表面がかけたり塗料が剥がれてしまうという話を聞いたことがあり、その対策としてネイルで使うトップコートを塗ることで少しは防げるというもの。海の中は岩や石などあるため、どうしてもジグが当たったりすると塗料に傷ができたり剥がれてしまいます。その対策として使うのが今回の主役!

・カケにくく
・ハゲにくい
・美しく保ち、光沢長持ち!
・塗るだけでコーティング!

ダイソーの100円で購入できる「マニュキュアトップコート」で、本来はネイルのトップコート(ツメの表面に使用)として使いますがそれを釣り道具に代用しました。表面をコーティング保護する効果としては、釣り以外、他の用途にも使用できる感じがするので1つ持っていてもいい感じはします。ダイソーの店舗によっては種類があるので、少し迷ってしまいましたが直感でこれを選んでみました。ジグに塗る際にハケも必要かと思いましたが、商品を見るとハケもついているのでこれだけで十分です。

※ちなみにルアー(メタルジグなど)は投げる練習くらいで、ほぼ実践で使ったことがないので塗料が剥がれたりするまで使ったことがありません。ジグサビキも経験しましたが、10回くらいしか投げていなく、主にアミ姫を使用してサビキ釣りを楽しんでいます。

ジグやエギに保護コート作業

作業はただトップコートを塗るだけ!ジグとエギは未使用なので塗るだけですが、できるだけ厚く保護コーティングするために2.3回に分けて1回塗ったら10分くらい乾かして厚塗りしていきました。これだけでコーティングできるので、おすすめ!またジグサビキをしてみてどれくらい保護できるのかも紹介していきたいと思います。

エギはおまけ程度で塗ってみましたが、ダイソーのエギ「ピンクゴールド色」は品切れしている店が多く、それだけエギンガーが購入している物だと思うので何色にしようか迷ったら選んでみてもいいと思います。

※注意点としては、トップコートは少し刺激臭(匂いはプラモデルで使うセメダインのような感じ)がするので換気(窓を開けて)をして作業したほうがいいです。今日は雨の為、換気扇の下で作業しましたが、部屋でやる際は注意が必要です。後、ジグのフック(針)は鋭くとがっているので扱い方に注意!

メタルジグの表面の保護作業はこれで終了!

ダイソーのジグおすすめ

以前の記事でも紹介しましたが、ダイソーの釣り道具コーナーは置いてある商品が店舗によって全然違うので、数店舗まわってみるのをおすすめ!何度も通っているうちに気づくことは、40gのジグが結構売れているのでそれだけルアーマンには人気のようにも感じました。またダイソーのメタルジグにはアシストフックがついていないので、アシストフックだけ釣具屋で購入してつければ普通のメタルジグとして戦っていけると思います。上の画像のジグは下から18g、28g、40gで、色も様々あるので店舗周りは必須になってくるかと思います。ちょっとジグサビキをする際に自分的にはもってこいの商品だと思うので、ルアー初心者にもおすすめです。

今日は釣りにいけない為に、作業をしてみましたが、他にも釣具をいれている道具箱の中を整理したりしました。結構道具箱の中には一回も使ったことがない物などもあり、こんなとこに電池が!ということもあるので雨の日には釣りの下準備をして次の機会に備えてみると使いやすい環境で釣りにいけると思います。せっかくの大潮、中潮に釣りにいけませんでしたが、早くジグサビキで何か釣ってみたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. りゅう より:

    ぶっちゃけ、魚にしてみれば、ルアーの塗料がハゲていようが、サビが浮いていようが、エサに見えてれば問題ないわけで、ルアーがキレイで喜ぶのは人間だけなんですけどね。(^^;